小型制御ボード「PEK-0001」の紹介

お知らせ

今日、協栄産業さんが来られて、小型制御ボード「PEK-0001」というボードを
見せていただきました。

取りだして見せていただいたボードの第1印象は、「小さい」ですね。

PEK-0001_1

「PEK-0001」とオプションのデバッグボード「PEK-OP-01」

もともと、筋電義手をつくるために必要な、
「多センサ入力、多PWM出力、高速データ処理、高速制御、省スペース」
で行えるボードを開発したようです。

特徴

  • 小型軽量で省スペース  35x50x10mm 15g
  • 単一電源 6~12V入力
  • 車載用マイコン SH72544R
    高速データ処理=200MHz動作、倍精度対応FPU(浮動小数点演算ユニット)
    外来ノイズ、誤動作に強い=ECC(エラーチェック&修正)機能
    →宇宙空間で使えそうですね
    24ch 12bitの高速AD変換(1.25us)
    28ch PWM出力(12ch PWM入出力)
    シリアル通信
    豊富なタイマー
  • 外部通信機能 1ch CAN 1ch RS232C

開発方法としては、以下の方法があるそうです。

  • エミュレータE10A-USB使用
  • RS232C経由

PEK-0001_2

型にはまると、かなり魅力的なボードですね。

タイトルとURLをコピーしました