配送遅延に関するお知らせ

RT Corp. Logo

2018年7月6日からの西日本豪雨で被災した皆様とそのご家族、関係者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

さて、この水害のため、関西地域の配送が遅れると、宅配便取扱各社より連絡が入っております。
弊社からの発送地は東京・秋葉原のため、発送は通常通り行いますが、該当地域は配達は遅れる可能性がございます。

何卒、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

【新製品情報】ミニ四駆AI用ボード、AI Chip V3は2018年7月17日より発売開始

弊社より新製品のご案内です。
大変お待たせしました。ミニ四駆AI用ボード、AI Chip V3が7月17日より発売開始となります。

AICHIP-V3

ご発注は、こちら!

1.新製品AI Chip V3が7月17日より発売開始となります
AIチップV3はミニ四駆の遠隔操作、自律走行ログ取得などを可能にしたミニ四駆用制御ボードです。

<旧製品からの変更点>
1)モータドライバが交換可能に
モータドライバをモジュール化する事により、故障時にソケットから取り外し交換する事が可能となりました。
こちらを参照

2)バッテリを変更
従来と比較し、バッテリー容量を10%増加しました。

3)センサを現行生産品に交換
生産終了した9軸IMUセンサTDK社製MPU-9150をMPU-9250に変更しました。

4)EEPROMを搭載
EEPROMを搭載し、センサのキャリブレーションデータの保存が可能になりました。

5)Bluetooth無線モジュールは付属しておりません
Bluetooth無線モジュールは別途ご購入ください。
旧製品のBluetooth無線モジュールを付け替えてご使用頂く事は可能です。

製品の詳細は以下URLよりご覧頂くことができます。
https://www.rt-net.jp/products/aichip3/

ご注文は、弊社RT ROBOT SHOPにてお受け致します。出荷は2018年7月17日月曜日以降になります。
https://www.rt-shop.jp/

お見積依頼、ご発注は、こちらから、お願いします。

【地震関連】配送遅延に関するお知らせ

RT Corp. Logo

2018年6月18日午前8時ごろ発生の大阪北部地震で被災した皆様とそのご家族、関係者の方々に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

さて、この地震のため、関西地域の配送が遅れると、宅配便取扱各社より連絡が入っております。弊社よりの発送地は東京・秋葉原のため、発送は通常通り行いますが、該当地域は配達は遅れる可能性がございます。

何卒、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

倉庫移転に伴う出荷休止期間のお知らせ

RT Corp. Logo

いつも弊社ショップをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

現在、WEBショップの改装を6月下旬から7月上旬にかけて予定しております。それに伴い、社内倉庫の模様替えを行う予定です。WEBショップのリニューアルについては日程が決まり次第、改めてお知らせさせていただきます。

ご不便をおかけしまして大変申し訳ありませんが、下記の期間につきましてはWEBショップのネット営業は休み無くしておりますが、出荷が休止となります。

■出荷休止期間:平成30年6月23日(土)~平成30年6月27日(水)
※出荷開始は6月28日(木)からとなります。

■出荷締切日:平成30年6月22日(金)正午12時まで⇒当日出荷

※6月22日正午12時を過ぎたご注文分は、6月28日以降の出荷になります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようよろしくお願い申し上げます。

TensorFlowではじめる深層学習ハンズオンセミナー(初級)、受講者を募集開始!【7/3募集受付を終了しました】

正しく区別、理解出来ていますか?

本セミナーではそれらの言葉の違いを理解し、深層学習の理論を学びます。
プログラムはPythonを使って、Google社のフレームワークであるTensorFlowを使い、CNN、RNNを実装します。
また、実際の現場では欠かすことのできないTensorBoardの使用方法や、モデルの保存・再利用方法を学びます。

機械学習エンジニアとしてのベース作りに、ぜひこのセミナーをご活用下さい。

【目標】

  • 機械学習の概要に関する理解
  • ニューラルネットワークの仕組みについての理解
  • 深層学習の概要に関する理解
  • ニューラルネットワークをベースとしたAIの基本的な実装
  • CNN、RNNなど深層学習の根幹となるモデルの理解と実装
  • TensorFlowを用いた機械学習を使ったモデルの実装

【開催日程】
2018年7月30,31日(月、火)

【開催場所】
株式会社アールティ セミナールーム
東京都千代田区外神田3-2-9末広ビル3F

【受講料】
1名 15万円(税別)

【講師陣】
新村拓也(監修)
シーエイトラボ株式会社代表取締役
シンギュラリティ株式会社取締役CTO

鹿児島県出身。東京大学工学部精密工学科卒業。大学では自然言語処理を専門とし、SNSの投稿データと位置情報を用いた研究を行う。在学中の2013年11月にシーエイトラボ株式会社を設立、代表取締役に就任。2016年7月にシンギュラリティ株式会社を設立、取締役CTOに就任。機械学習はもちろんデータマイニング全般のコンサルティングから開発を手掛ける。TensorFlowの活用方法について様々なところで講演を行なっている。

太田 行紀(講師)
株式会社KUNO。静岡県出身。東京工業大学理工学研究科情報科卒業。
大手ゲーム会社で『戦国無双』や『ファイナルファンタジー』などの中心メンバーとして開発。
その後、IT系のベンチャー会社に転職し、ARアプリなどの研究を行う。現在は、新村のもと機械学習の仕事に従事する。

田中 宏和(講師)
グラビティ株式会社。滋賀県出身。中部大学経営情報学部情報学科卒業
SIerで主に業務系のWebシステム開発に従事。その後、現在の会社に転職し、新村とともに機械学習やビックデータ関連の案件を扱う。

【内容】

講習内容は『TensorFlowではじめるDeepLearning実装入門』に合わせた内容です。

時間 1日目 2日目
9:30 受付開始 受付開始
10:00~12:00 機械学習とは?
ニューラルネットワーク概論
深層学習概論
様々な領域における深層学習を用いたAI の実例
RNN 概要
LSTM 解説
Word2Vec 解説
12:00~13:00 昼休憩 昼休憩
13:00~18:00 TensorFlow 入門(計算グラフ構築)
ニューラルネットワークの実装
CNN の解説と実装
モデルの保存・再学習
TensorBoard を用いた各種データの可視化
(休憩が適宜入ります)
データセット説明
データセット作成プログラム
Word2Vec 実装
TensorBorad を用いた結果の評価
(休憩が適宜入ります)

【最少催行人員】
6名(最少催行人員に満たない場合は日程変更をお願いする場合がございます。あらかじめご了承ください。)

【受講要件】

  • プログラミング言語Pythonの基本的な知識があること。
  • 高校(理系)卒業レベルの数学の知識があること。
  • 大学(理系)初年度レベルの統計、線形代数、微積の知識があれば望ましい。
  • 事前にインストールしたノートPCを持参すること(お申込みいただいた方にご案内します。)

【お申し込み】

下記よりお申し込みください。社内でお使い頂ける稟議書テンプレートもご用意しております。

TensorFlowではじめる深層学習ハンズオンセミナー(初級)

【ご質問】

セミナーについてのご質問がございましたら、以下お問い合わせフォームよりお願い致します。

「ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyushu」企業展示に出展します(追記)

株式会社アールティは、ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyushu(会期:2018年6月2日-6月5日)、に併催される企業展示(会期:2018年6月4日-5日、会場:西日本総合展示場新館)にて、ロボット教育教材を展示します。

主な出展物は、アームロボット系のCRANE-X7、CRANE+V2、2輪系のRaspberry Pi Mouse、Raspberry PiCat,マイクロマウス系のPi:Co Classic3、HM Starter Kit、またデンソーウエーブ製のコラボレーションロボット「COBOTTA」となります。現在ショップでは購入できない製品も展示しております。

また、6月1日発表予定の新製品も登場する予定です。

人型上半身プラットフォームロボットSciurus17発表!

頭部カメラ付き上半身ヒューマノイド型研究用17軸ロボット「Sciurus17(シューラスセブンティーン)」は、頭部に3次元距離カメラを搭載し、位置・速度・電流(トルク)等の情報により両腕のアームを制御することができる上半身人型ロボットです。
Sciurus17は、サービスロボットの開発用プラットフォームとして、両手を使うタスクや軽作業の研究用に開発しました。

当日、デモをご覧いただける予定です。ぜひお立ち寄りください。

>>>>HM Starter Kit <<<<<
手のひらサイズのマイクロマウス「HM Starter Kit」は国際ロボット展2017におけるプロトタイプ展示以来、製品版が初登場となります。自立走行による迷路解析ロボットとしての利用の他にもマルチエージェントの研究等、アイデア次第でいろいろご活用いただけます。

HM Starter Kit

製品デモ、説明等をご希望の場合は、ショップメールにて事前にご一報頂ければ説明員が当日対応できるようにしておきますので、是非お気軽にお申しつけください。

CRANE-X7

COBOTTA

また、今回のRobomech2018では名著「確率ロボティクス」の著者Prof. Dr. Wolfram Burgardの特別講演が実施されるのにも注目です。

http://robomech.org/2018/event/#keynote

アールティも千葉工業大学上田先生と「ROS、GitHub、CIサービス体験講習会」のチュートリアルセッションを6月3日13時~17時に開催予定です。

参加にあたっては,事前の参加登録と,ROSをインストールしたノートPCのご持参が必要となります。事前参加登録は以下URLよりお願いします。(場所は小倉になります。)

事前参加登録:https://connpass.com/event/84427/

参考文献:http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/261040.html

Robomec2018にて皆様にお会いできる事をネコ店長以下社員一同楽しみにしております。ぜひアールティブースにお立ち寄りください。

ネコ店長

Raspberry Pi Mouse

Raspberry Pi Cat(参考出品)

Pi:Co Classic3

HM Starter Kit

開催期間中、皆様にお会いできる事をネコ店長はじめ、社員一同楽しみにしております。

新型NAO、発表!

フランスでのソフトバンクワールドで新型NAO V6の発表がありました。
https://www.softbankrobotics.com/emea/fr/presse/communiques-de-presse/pepper-world-paris-vivatech (フランス語のみ)

ボディ色は、グレイ一色になります。
胸のアルデバランのロゴエンブレムは無くなり、NAOになる予定です。

もちろん、日本でも発売しますが、予約となります。
気になる方は、お見積りしますので、こちらから「NAO V6について」としてお問い合わせください。

販売予約開始:2018年6月26日(火)予定
製品納入開始:2018年10月以降~


前のバージョンとの比較は下記をご覧ください。

NAOは輸入品のため、予約するとキャンセルできませんので、よくご検討の上、ご発注ください。

近藤科学春のキャンペーン

春のセールといたしましてKXRのトライアルキャンペーンのご案内を致します。

●KXRトライアルキャンペーン 第2弾
KXRアドバンスセットBを特別価格にて納品いたします。
昨年末に実施いたしましたトライアルキャンペーンのアドバンスセットBと同じ割引価格となっております。
KXRの『組換自由』を活かしたセット内容ですのでぜひこのキャンペーンにお買い求めください。
【特別価格】KXR アドバンスセットB ¥66,355.-(税込)

【キャンペーン期間】2018年5月31日受注分まで

●KRS-3301バルク特価
小型で扱いやすいKRS-3301のバルク特価を実施中です。50個入りで¥98,496.-(税込)
1個あたりは1970円の超お得価格。サークル等の共同購入におすすめです。

【キャンペーン期間】2018年7月31日まで

ロボット関連の書籍紹介!第2段

柔らかヒューマノイド

学生の皆さんは期末試験、卒論、修論で忙しい時期かと思います。社会人の皆さんの中には年度末でデスマーチの人もいるかもしれません。そんな忙しい皆様に、ほっと一息入れていただけるよう、最近出版されたロボットや人工知能が話題の本を紹介!というのを書いてたら楽しかったので第2段です。

またまたネタバレしないようにご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、細田耕先生(大阪大学)の「柔らかヒューマノイド―ロボットが知能の謎を解き明かす (DOJIN選書70)」

こちらの本は、細田先生が数式を使わずに縦書きで技術のこと紹介するのめっちゃ難しい!と叫んでたくらい、数式はほとんど出てきません。

ガチの数式バリバリのヒューマノイドの設計の解説を期待されてる方にはどうやってロボットが歩いているかというのの原理をわかりやすく説明するのに役立つ本だと思って読み進めていただけると良いと思います。

ロボット作ってると生き物ってすごいなーと思う瞬間がいっぱいありますが、本書の中でも人間の筋骨格についても言及があり、おおーと目からウロコが落ちる知見もいっぱいです。

また、歩行ロボットはどう実験するか、世界中の歩行ロボットの研究の紹介や歴史を語っている所などもあり、数式はないながらも読み応えはある1冊です。

特に、これから歩行ロボットの研究に取り組む学生さんには、まずこの本を読んで、「歩行」って実現したら楽しいけど、研究したら奥が深い!というのを知っていただくのにとても適してます。

また、ロボットは別に専門じゃないけど、歩行ロボットに興味がある。そして人型ロボットって注目はされてるのにどうして研究としては難しいの?と思っている一般の方にもどういうしくみなのか等を詳しく知るのにお勧めです。

最近は、柔らかいロボット(ソフトロボティクスと呼ばれる分野)も話題になってきたこともあり、冬の夜長に読み進めたい1冊ですので是非どうぞ!

細田先生からのメッセージ

人間のカラダをマネしてロボットを作ると、知能のナゾを解くことができます。コンピューターより遅い脳でどうして上手にジャンプできるのか、チェスや碁に強い人工知能が、ドア開けが苦手なのはナゼか、滑りセンサーがないはずの指がどうして滑りを感じることができるのか。カラダの柔らかさにその秘密はあります。柔らかいロボットを作って人間を知るための挑戦を覗いてみませんか?

書籍の入手はリンク先のアマゾンか大学生協、一般書店でどうぞ!

ロボット関連の書籍紹介!

学生の皆さんは期末試験、卒論、修論で忙しい時期かと思います。社会人の皆さんの中には年度末でデスマーチの人もいるかもしれません。そんな忙しい皆様に、ほっと一息入れていただけるよう、最近出版されたロボットや人工知能が話題の本を紹介したいと思います。

第1段は、ショップで紹介したいので、とお願いしたら、すぐにコメントをお寄せくださった谷口先生から!
ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)でも有名な谷口先生の著書を紹介するのは気恥ずかしいですが、ネタバレしないようにご紹介します。

谷口忠大先生(立命館大)の「イラストで学ぶ 人工知能概論 (KS情報科学専門書)」と木野仁先生(福岡工業大学)と谷口忠大先生(立命館大)の「イラストで学ぶ ロボット工学 (KS情報科学専門書)」は2冊セットで読むとものすごい理解が深まる良書です。

イラストで学ぶ 人工知能概論 (KS情報科学専門書)では、ホイールダック2号というキャラクターが登場します。なぜかホイールダックはスフィンクスを倒さねばなりません。その謎は本の中で明かされていきますが、その途中で人工知能の基礎が語られていきます。ちなみにホイールダック2号には、twitterアカウントがあるので、ぜひhttps://twitter.com/wheelduckver2もチェックしてみてください。授業用のスライドも公開中!

そして第2段が2017年11月に発刊。イラストで学ぶ ロボット工学 (KS情報科学専門書)では、ロボットアームを操ろうと奮闘するホイールダック2号と一緒にロボットアームの極意を学べる内容になっています。

下記の谷口先生からのメッセージにもあるように、基礎から学びたい人も、他の人にどんな本勧めたらいいかな?とお考えのエキスパートにもオススメの2冊です。

著者の谷口先生からのメッセージ

イラストで学ぶ 人工知能概論 (KS情報科学専門書)に寄せて

ホイールダック2号という謎のペンギン型ロボット.これには全く知能がない.こいつに,探索,パターン認識,自己位置推定,言語処理と,段階をつんで知能を与えることで,迷路をぬけてスフィンクスを倒す.そんな,「知能を作っていく」視点でまとめた一冊です.ホイールダック2号と一緒に成長しよう!ディープラーニングブーム時代の今だからこそ,ぜひ,それまでも含めた王道の基礎を学んでもらえたらと思います.

イラストで学ぶ ロボット工学 (KS情報科学専門書)に寄せて

ロボット工学の教科書を開くと,数式ばかりで,ロボットを動くようにしているイメージが無いとお嘆きの皆さん.朗報です.
本書では「イラストで学ぶ人工知能概論」で活躍したホイールダック2号が再登場して,再び,読者とともに成長していきます.ロボット工学といえばマニピュレータの制御が定番ですが,新たに,家庭用ロボットになるために,ホイールダック2号に取り付けられたマニピュレータを制御できるようになろうと,ホイールダック2号くんは一生懸命.
PD制御に運動学,人工ポテンシャル法,インピーダンス制御と順に,「なぜそれが必要か?」をホイールダック2号くんの失敗を笑いながら,理解して,学んでいっていただければと思います.

書籍のご購入はリンク先のアマゾンか、大学生協で!