USB出力9軸IMUセンサモジュールを更新しました

こんにちは、10月から入社しましたshotaです。

弊社が開発・販売しているUSB出力9軸IMUセンサモジュールのソフトウェアを更新しました。

センサモジュールについての簡単な説明

こちらのモジュールには9軸センサMPU-9250を搭載しており、3軸加速度・3軸角速度、3軸地磁気を計測できます。

加速度センサ

加速度センサは、x, y, z軸方向の加速度を計測します。また、これを応用して、重力方向に対する速度や傾きの計測、振動・衝突・落下の検知などができます。

ロボットに搭載すると、ロボットの移動速度や傾きを計測でき、ロボットから見てどの方向に動いているのかを予測できます。

しかし加速度センサだけでは、ロボットの姿勢や、ロボットがどの方角(東西南北)を向いているのかは分かりません。

角速度センサ

角速度センサは、x, y, z軸の角速度を計測します。

ロボットに搭載すると、ロボットがどれくらい回転したのかを予測できます。

加速度センサと組み合わせると、ロボットがどんな姿勢でどの方向に動いているのかを予測できます。

地磁気センサ

地磁気センサは、x, y, z軸の地磁気の強さを計測します。これを応用すると、東西南北がわかる電子コンパスを作れます。

ロボットに搭載すると、ロボットがどの方角を向いてるのか予測できます。

加速度センサ・角速度センサと組み合わせると、ロボットがどの方角を向いて、どんな姿勢で、どの方向に動いているのかを予測できます。

ソフトウェア更新内容について

更新内容は以下のとおりです。

1.OSを再起動してもセンサモジュールを認識する

センサモジュールをPCに接続したままOSを再起動すると、モジュールが再認識されないという仕様がありました。

次のファームウェアからは、OS再起動後もモジュールが認識されます。

製品説明書・最新ファームウェアはこちらのGitHubリポジトリで公開しています。

https://github.com/rt-net/RT-USB-9AXIS-00

2.ROS Kineticに対応したパッケージを修正

モジュールの信号をROSトピックに変換するパッケージを公開しています。

https://github.com/rt-net/rt_usb_9axisimu_driver

こちらのパッケージをROS Kineticでも動作するように修正しました。

USB出力9軸IMUセンサモジュールはこちらから購入できます。

USB出力9軸IMUセンサモジュール [RT ROBOT SHOP]

 

Humanoid Autonomous Challenge 開催

自律2足移動ロボットの競技会を開催します。

Humanoid Autonomous Challenge

2018年9月16日(日)
 参加者がいないため延期 プレ大会
2019年3月31日(日) チャレンジ大会
場所:アールティセミナールーム(秋葉原)

フィールドに置いてある複数のオレンジボールを触ってスタートエリアに戻ってくる時間を競います。

競技のルールを公開しました。

Humanoid Autonomous Challenge 詳細

参加方法等は、以下のURLで行います。
HAC参加サイト

第15回ROBO-ONE Light参戦してきました

ドーモ Seijiです

おそらくは2年ぶりくらいになりますか、2017年9月23日「第15回ROBO-ONE Light」に参戦してきました。
このROBO-ONEという競技は今回で31回目の開催、年2回開催されているので15年続いてる2足歩行ロボットの競技会です。
ROBO-ONE公式ページ
カテゴリーは現在3種類あり、本戦と呼ばれるROBO-ONE(3kg以下)、認定機体と1kg以下の機体で競うLight、今回で2回めの開催になる自律ロボで競うAutoとあり、私はLightに認定機体の「G-ROBOTS GR-001 (RS303MR・ RS304MDサーボ仕様)」で参戦しました。

“第15回ROBO-ONE Light参戦してきました” の続きを読む

bCoreシリーズが便利です

ドーモ Seijiです

前回、前々回に続き、うちでよく売れている商品を紹介していきます。
今回はVagabond Worksより発売されているbCoreシリーズを紹介します。

このbCore どんな商品かというと

—————————————————————————————————————
技適対応のBLEモジュール(BLE113)と周辺回路を組み込んだ超小型基板にファームウェアを焼きこんだbCoreと、iOSアプリ「bDriver」、またはAndroidアプリ「bCore Dirver for Android」を用いることで、誰もが簡単にスマホやタブレットからコントロールできる超小型ロボットを製作できます。

ファームは既に焼かれているので、ユーザーはラジコンサーボとモーターと電池をbCoreに繋ぎ、スチロール素材や木材、3Dプリンタなど、好みの方法でロボットのガワを制作するだけで自由に自分のロボットを開発することができます。
—————————————————————————————————————-

BLE(Bluetooth Low Energy)経由でスマートフォンと接続し、モーターやLEDを簡単にプログラミングなしで無線コントロールできるようになるのが特徴です。
“bCoreシリーズが便利です” の続きを読む

irMagicianシリーズが便利です

ドーモ Seijiです

前回に続き、うちでよく売れている商品を紹介していきます。
今回は大宮技研合同会社より発売されているirMagicianを紹介します。

このirMagician どんな商品かというと
——————————————————————————————————————————–
インターネット家電に注目が集まっています。ただ、キラーアプリはまだ出ていない状態です。実際のところはスマホから外出先から帰宅時間に合わせて、エアコンの電源を投入するくらいにとどまっています。エアコンの電源を投入するだけでしたら、気の利いた赤外線リモコンがあれば解決します。ここではそんな気の利いた赤外線リモコン、「irMagician」を紹介します。

<irMagician 概要>
irMagician はPC対応型の赤外線リモコンシステムです。ワンチップマイコンを活用し、主要部品はPIC-18F2550を用います。ホストとの接続はUSBを用いて行います。CDC-ACMを使い、主要なOS(Windows, MacOSX, Linux, その他)に対応します。

——————————————————————————————————————————–
“irMagicianシリーズが便利です” の続きを読む

SBDBTシリーズが便利です

ドーモ Seijiです

ロボットを無線でコントロールしたいっ!
シリアル接続のケーブルが邪魔だから無くしたいっ!  という時に便利なモジュールにSBDBTシリーズがあります。
SBDBT

このモジュールですが、見た感じはUSBコネクタのブレイクアウトボード?という感じがしますが、実は裏にPIC24FJ64GB004が搭載されたBluetoothシリアル変換基板なのです。
技術基準に適合したUSB Bluetoothアダプタを使用することで日本国内で合法的に使用できるBluetooth通信モジュールになります。
ファームウェアも公開されているのでPICマイコンを書き換えることでカスタマイズも可能になっています。
ファームウェア
“SBDBTシリーズが便利です” の続きを読む

マイクロマウス用タイヤ入荷しました

ドーモ Seijiです

ついにシーズンインしましたマイクロマウス2017
皆さん機体の準備は整っていますか?

ハーフサイズマイクロマウスの製作には欠かせない商品で、長いこと品切れとなっていました「スリックタイヤ(dnanoタイヤ10度、フロント用)」が入荷してまいりました。 “マイクロマウス用タイヤ入荷しました” の続きを読む

KXR ボーナスパーツのご案内

ドーモ Seijiです

2足型から多脚、アームロボットと多彩な組み換えが可能な近藤科学のKXRシリーズ。
今回ボーナスパーツの情報が届いておりますのでご案内します。

——————————————————————————————————————————
2017年8月29日出荷のKXR対象キットに組み立てに便利なボーナスパーツが付属します。
【パーツ1:サポーターBスペーサー2】
アームサポーター3300Bのスペーサーとして使用する従来のサポーターBスペーサーは、パーツが細かく4箇所をこぼさずに装着するのは手間がかかりましたが、このサポーターBスペーサー2は4箇所が連結されていますので簡単に装着ができるようになります。



【パーツ2:ホイールスペーサー】
フラットフレーム3300とアームサポーター3300Bを組み合わせてサーボホイールを装着する場合、フラットフレームにホイールが干渉してしまいますが、このホイールスペーサーを使用することで干渉することなくサーボホイールを取り付けることが可能になります。

このホイールスペーサーを使用しますとアドバンスセットのパーツを使用してKXR-R4 ローバーLL型を組み立てることができます。



マニュアルはこちらよりダウンロード出来ます。
Download

以下のセットをご購入いただきますとボーナスパーツが付属します。

KXR アドバンスセットA
KXR アドバンスセットB
・サポーターBスペーサー2 ×5
・ホイールスペーサー ×4
・M3-12ホーン止めビス ×5(予備1)
・M2-12低頭ビス ×18(予備2)

KXR-L4T-R カメ型・ローバー型
・サポーターBスペーサー2 ×1
・ホイールスペーサー ×4
・M3-12ホーン止めビス ×5(予備1)
・M2-12低頭ビス ×18(予備2)

KXR-A5 アーム型
・サポーターBスペーサー2 ×5
・BTレッグプレート ×2

●付属期間:2017年8月29日出荷分より対象商品のセットに付属します。
    ※以降は純正パーツ扱いとなります。

また、すでに対象キットをご購入いただいた方には、パッケージのシリアル番号をご連絡いただきますとボーナスパーツを無料でお送ります。
■応募方法
下記のメールアドレス宛にお客様情報をお送りください。
 ・お名前
 ・住所
 ・電話番号
 ・ご購入いただいた商品のセット名
 ・シリアル番号
   パッケージに添付されているシールの番号が必要です
   例)KONDO KXR MJX xxxxxx

メールアドレス:webmaster@kondo-robot.com
キャンペーン期間:2017年9月30日までにご連絡いただいた方を対象とさせていただきます。

——————————————————————————————————————————

このボーナスパーツを使うことで、より組みやすくなるのでますますKXRシリーズの魅力が増します。
弊社WebShopよりKXRシリーズをお求めいただけますので是非ご活用ください。
皆様のご利用お待ちしております。

AFINIA関連いろいろ

ドーモ Seijiです

静かで安定した品質の出力が出来ると評判のAFINIAシリーズ。
ここ最近で色々と情報が更新されているのでまとめてみました。

・Afinia Studioが更新されてます
AFINIAシリーズに付属するアプリケーション「Afinia Studio」がVer.1.2.0.1に更新されています。
更新内容で一番便利になったのは、印刷設定でPrinter Setting→Preference→Others内に追加された「Easy to peel」という項目です。

最近流行りのポリカーボネイトやプレミアムプラスフィラメントでサポート材剥がすの結構大変だったのでは無いでしょうか?
印刷時にこの「Easy to peel」にチェックを入れて印刷するとかなり剥がしやすくなります。作業時間も大幅に短縮出来るので印刷時にはチェック入れておきましょう。今のところ弊害には当たってはいないです。
追記:これを書いてるうちにVerが1.3.3.0に上がってました。これについては追って確認します。

・プレミアムプラスフィラメントが1kg巻になりました
従来のプレミアムプラスフィラメントは500g巻でしたが、現在流通しているものは1kg巻になっています。
大きいものを印刷したり単色で印刷し続ける際はたくさん巻かれているものをセットしておくと交換の手間も少なくなります。
ただ、1kg巻と倍になっているためスプール自体も厚くなっているため、H800シリーズの場合本体に収まらなくなってしまいます。H400でも付属のスプールケースには入りません。
そこで1kg巻フィラメント用にスプールハンガーが各機種用に「クラフトハウス」様より用意されています、ありがとうございます!

H800には標準を延長するカタチでセットします。

H400にはキャリングハンドル部にセットするようになっています。

プリントは2パーツ構成で出力します。

ダウンロードはこちら
SpoolHanger

ロボット製作への普及率もここ数年急激に上がって来ている3Dプリンター。お手元に置いてロボットライフを充実させましょう。
弊社WebShopでは3Dプリンタ本体はもちろん、フィラメントやメンテナンスパーツも取り揃えておりますので是非ご利用ください。

皆様のご利用お待ちしております。

AFINIA H400 3Dプリンタ AFINIA H800+ 3Dプリンタ ポリカーボネートフィラメント