【イベント情報】ヒト型レスキューロボットコンテスト®2020開催のお知らせ

ブログ

毎年、大阪電気通信大学で開催されている「ヒト型レスキューロボットコンテスト」。
アールティも協賛させていただいております。

2020年の開催情報

2020年は新型コロナウィルス感染症拡大予防のため、ビデオ審査方式で開催されるそうです。
ビデオ提出締切: 2020年11月15日(日)
結果発表・表彰:2020年12月15日(火)

会場に集まることが出来ず残念ですが、遠方からもビデオでエントリーできますので、今までは会場が遠くて参加が難しかった…という方も参加されてみてはいかがでしょうか?

ヒト型レスキューロボットコンテストとは

ヒト型レスキューロボットコンテスト(ヒト型レスコン)とは、2000年から毎年開催されている「レスキューロボットコンテスト(レスコン)」の新たな展開を目指し、ヒト型ロボット1台と操縦者1名で参加できるロボット競技の試みです。レスコンは、ロボット競技を通じて、ものづくりの楽しさを伝えるとともに、防災や減災の大切さや難しさを考える機会を提供しています。本コンテストも、この考えを受け継ぎ、さらに多くの皆さんに輪を広げるために開催します。
(公式HPより引用)

ヒト型レスキューロボットコンテストは、要救助者に見立てた人形(デッサン人形)を救助しゴールへ運ぶまでのタイムを競います。要救助者の場所までは、アクリル板をくぐる、乗り越える、瓦礫に見立てたブロックを除去するなどのミッションがあります。また、いかに安全に優しく救助できているかという点も審査されます。

競技内容やルールについて、詳しくは以下のページを参考にしてください!

アールティのスタッフも第1回大会より何度か参加しています。
ヒト型ロボットならではのミッションに面白みを感じられる競技です。
なにより「いかに安全かつ優しく救助できるか?」という視点でも審査されるという点で各参加者がアイデアを絞って救助していくため、観戦していても面白い競技です。

Youtubeで「ヒト型レスキューロボットコンテスト」と検索すると、今までの大会動画を見ることが出来ますので是非調べてみてください。
大会公式HPからも各ミッションの公式映像を見ることができます!

こちらは昨年の様子をあげてくださっているNAKAYAN様の動画です。
NAKAYAN様は昨年の優勝者でもあります。

ヒト型レスキューロボットコンテスト2019

制限時間の約半分でクリアするロボットが増えているため、2020年は「いかに安全かつ優しく救助できるか?」 という点がより重視されていくのではないでしょうか?

ビデオの提出締切は2020年11月15日(日)です!
エントリーをして大会を盛り上げていきましょう!

また、アールティロボットショップではヒト型ロボットに使えるサーボモータなどの部品も取り扱っております。
ご入用の際はぜひアールティロボットショップで!

タイトルとURLをコピーしました