【2020年9月14日発売】新製品 Jetson Nano Mouse 好評発売中!!

ついに販売が開始されましたJetson Nano Mouse !! 

前回のブログでも案内しましたが、Jetson Nano Mouseは画像処理・機械学習などのAI関連技術とロボット制御技術を同時に学ぶことができる小型二輪移動ロボットです。
またRaspberry Pi Mouseとも互換性があり、より新しい技術を学びたい方にもお薦めです。

このJetson Nano Mouseの開発の背景には、「Jetson Nanoでロボットを作りたい」というエンジニアの思いがありました。開発経緯はこちらのブログをご覧ください。

Raspberry Pi MouseにJetson Nanoを載せられないかな、と思い立ってから約1年。
開発に開発を重ねた結果、めでたく発売を迎えることができました。

今回はJetson Nano Mouseに興味があり、購入するか迷っている、という方向けに下記Q&Aをご用意いたしました。ぜひご購入をご検討ください!

Q. どんな開発・研究に向いていますか?

A.メインボードにNVIDIA社製のJetson Nanoを採用しているため、高性能なGPUによる処理能力を活かしたカメラ映像のリアルタイム処理など、エッジコンピューティング用デバイスの研究開発に適しています。

また、AGVや自動運転で用いる技術の開発研究におけるプロトタイピングにも適しています。
AGVや自動運転で用いる技術の例では、物体認識を行い、画像処理による結果で、障害物であれば避ける処理や、目的物であればどのように目標位置を設定して移動経路を生成するのかなど、画像処理と移動にかかわる制御が挙げられます。
Jetson Nano Mouseはこれらの開発・アルゴリズムの検討を一緒に実機で行うことができます。

Q. どんな環境で使えますか?推奨される開発環境はありますか?

A.Jetson Nano Mouseは、基本的にはJetson NanoにインストールしたLinux(Linux for Tegra、L4T)で操作します。
L4TにはSSHやVNCでリモートからログインできますし、Jetson NanoにHDMIモニタ、キーボード、マウスを繋いで使用することも可能です。製品マニュアルではどちらの方法もご案内しています。

ロボットの制御は弊社のRaspberry Pi Mouseと同じデバイスファイル経由で行います。ロボット制御用のソフトウェアとしてはROSパッケージを公開しており、Pythonパッケージも公開予定です。またJupyter Notebookを用いた障害物回避や人追従の機械学習のサンプルアプリケーションも併せて公開しています。

SSHクライアント、VNCクライアント、Webブラウザが使えればOSを問わずご利用いただけます。ROSを用いて複雑な制御をしたい場合は、ROSが安定して動くUbuntuがOSとしてインストールされた環境を推奨します。

シミュレータについてはROSとGazeboを使用したシミュレーション環境を公開予定です。デバイスファイルのエミュレーションも可能です。シミュレータを用いる場合はROSとGazeboが安定して動くUbuntuがOSとしてインストールされた環境を推奨します。

Q. WindowsやmacOSでもシュミレーションできますか?

A.WindowsやmacOSでも仮想環境を使う、あるいはAmazonが提供しているAWS Robomakerを使うことでシミュレータ(Gazebo)を使用することはできます。

しかし、今回提供するGazeboでのシミュレーションは実世界と比較するとかなりシンプルです。特にカメラを使う場合、シミュレータで開発を完結させて実機で最終テスト、のような使い方は難しいです。2020年9月時点でのシミュレータはロボットの走行プログラムの簡易な動作確認で使うことを想定しています。

Q. Raspberry Pi Mouseとの互換性は?

A.Jetson Nano Mouseはアールティの車輪型プラットフォームロボットです。

アールティの車輪型プラットフォームロボットは開発したソフトウェア資産を活用しやすいよう、ハードウェアが異なってもハードウェアを制御するためのソフトウェアインターフェースはある程度の互換性を持たせています。

例えば、移動ロボットの入門用にRaspberry Pi Mouseを購入し、より広い場所でロボットを動かしたくなった場合はRaspberry Pi Catにソフトウェアをほぼそのまま移行できます。※

同様にRaspberry Pi Mouseで移動ロボットの基本制御について勉強した後にJetson Nano Mouseに移行してAIの技術を追加することもできます。Jetson Nano Mouseから大型に移行したくなった際にはRaspberry Pi Catへの移行も可能です。※

互換性があるということはソフトウェア資産や得られた情報を活用できるということなので、ロボットを動かす上で問題になりやすい「情報がない、知見がない」というスタート段階での障害を取り除きやすくなります。アールティのロボットが扱いやすい教材であるポイントはここにあります。

例えば、Raspberry Pi Mouseで開発したソフトウェアをROBOTISのTurtleBotやヴィストンのローバーに移すのは少し手間がかかります。

アールティのプラットフォームロボットではその手間を省略し、よりスムーズな研究開発のスタートを実現します。

一部のパラメータは書き換えの必要があります。なお、2020年9月現在Raspberry Pi Catは生産中止・販売中止品となっています。

Q. 実機の制御はどうしたらいいですか?

A.Jetson Nano Mouseは、基本的にはJetson NanoにインストールしたLinux(Linux for Tegra、L4T)で操作します。ロボットを制御するためのデバイスドライバをインストールし、デバイスファイル経由で操作します。

ファイルの読み書きができるソフトウェアであればロボットの操作ができますので、ほぼすべてのプログラミング言語でロボットの制御が可能です。
このデバイスファイルは弊社がすでに販売しているRaspberry Pi Mouseと概ね同じインターフェースとなるように設計されています。
デバイスファイル経由でRaspberry Pi Mouseを操作するサンプル(Python、C言語、シェルスクリプト)はGitHub上で公開しています。

Raspberry Pi Mouseのサンプルプログラム(GitHub)

Q. 公開する制御ソフトは?

A.ロボットの制御用ROSパッケージ、カメラ用ROSパッケージ、ロボット、カメラ用のPythonパッケージをコーポレートサイトにて公開しています。

またJupyter Notebookを利用してWebブラウザから操作することも可能です。
Jupyter Notebookのサンプルの実行方法は下記のブログ記事にて紹介しています。

Jetson Nano Mouseのセットアップ方法

Q.シミュレータはありますか?

A.Gazeboと呼ばれるロボットに特化したシミュレータがあります。ROSと組み合わせて使用することが可能です。
Raspberry Pi MouseやTurtlebotではこのGazeboでのシミュレーション用データが作られて公開されています。 こちらも9月中に公開を予定しており、現在準備中です。

Jetson Nano Mouseの詳しいスペックなど、製品情報はコーポレートサイトをご覧ください!

ご購入はRT ROBOT SHOPで!

【新製品】Jetson Nano Mouse 9月14日発売!予約受付中!

このたびアールティは、AGV・自動運転技術の需要や在宅での研究開発需要の高まりに応えるため、画像処理、機械学習などのAI関連技術とロボット制御技術を同時に学ぶことができる小型二輪移動ロボット「Jetson Nano Mouse(読み:ジェットソンナノマウス)」を9月14日(月)に発売します。

本日9月1日(火)よりRT ROBOT SHOPにて予約受付を開始します!

Jetson Nano Mouse ¥77,000.-(税込)

Jetson Nano Mouseはこんな人におすすめ!

  • ロボット制御技術とAI関連技術を同時に学びたい
  • AI(機械学習、画像処理)、AGV、自動運転に関する技術を習得したいが、何から始めればいいか迷っている
  • ロボットをすぐに動かしたい
  • Raspberry Pi Mouse V3で使っていたソフトウェア資産を活かして新しい技術を学びたい

開発の背景

昨今では世界中でAIに関する研究開発が進み、ディープラーニングをはじめとする機械学習を学ぶ企業エンジニアや学生が増えています。
さらに新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、AGV(無人搬送車)や自動運転に関する技術を持つ人材が求められ、画像処理、自己位置推定などの技術需要も高まっています。
また、テレワークや大学授業のオンライン化が増えたことで、在宅でも試行錯誤できる小型の教材を求める声もお聞きします。
こうした背景があり、お客様からの「AI×移動ロボット制御の技術を省スペースで学ぶことのできる、“実世界で動くAI入門教材”が欲しい」というご要望に応えるべく開発しました。

製品概要

メインボードにNVIDIA社製のJetson Nanoを採用し、高性能なGPUによる処理能力を活かしたカメラ映像のリアルタイム処理など、エッジコンピューティング用デバイスの研究開発に適しています。
広角カメラ2台を車体前方に搭載しており、両眼視差を用いた立体視も可能です。
細かな速度制御が可能なステッピングモータを搭載しています。
手に乗せられるマウスほどのサイズであるため場所を選ばず、机上での研究開発にも適しています。

ロボット制御用のソフトウェアを公開し、組立済の製品であるため、入手後はすぐにロボットを動かすことができます。
AGVや自動運転で用いる技術の開発研究におけるプロトタイピングにも適しています。
ROSパッケージや実装手順などの技術情報もGitHub技術ブログ等で順次公開予定です!

Jetson Nano Mouseは当社の車輪型プラットフォームロボットの1つであり、教育機関や企業研修でも使われているRaspberry Piボード搭載の製品「Raspberry Pi Mouse」と互換性があります。
同じソフトウェアインターフェースでの操作が可能なため「Raspberry Pi Mouse」のソフトウェア資産を当製品でも活用可能です。

ご予約はRT ROBOT SHOPで!

本日9月1日(火)より予約を受け付けております。
▼RT ROBOT SHOPで予約する

詳しい製品情報はコーポレートサイトでご紹介しています。
▼製品ページを見る

ロボット研究のすすめ

夏休みも終盤に差し掛かり、研究しはじめて10月くらいに卒論の中間発表!?、どうしようと戸惑ってる大学4年生も多いのではないでしょうか?

いろいろ研究やってけるのか心配だーというお声を頂戴して、アールティとして学部4生生では何を身に着けることを期待してるのか、直接学生の方々とお話しすると皆さん納得されることが多い内容をまとめてみようと思いました。

特にロボコンをやったことがなくて、研究を始められる方に不安が強いようなので、ロボコン経験者以外を対象に書いています。

まだまだ右も左もわからない。がむしゃらに論文読めって言われて用語もわからず読んでみて、何か作ってみてといわれて手を動かす毎日だと思います。そんな不安とどきどきをお過ごしの4年生向けに、ロボットの研究のやり方をガイドに書いています。

内容としては、研究の進め方で、きっと研究室でも先生が新ゼミ生には説明しているものとほぼ同じだと思います。そして、企業は大学卒業のエンジニアにどんなスキルや経験をしてきてほしいのかもざっくりご説明しています。

資料を読んで、ご理解いただきたいことは、次の三つです。

  1. 自分で考え、調査し、完成させる力を身に着けること
  2. 自分のスキルレベルを知り、セルフマネジメントできるようになる
  3. コミュニケーション力を付ける

現代のロボットは、急激に進化しており、AIも絡んで複雑で、一人で作り上げられるステージではなくなってきています。また、黎明期だった30年前はシミュレーションでも論文になっていました。そんな時代とはことなり、実機でのビデオ報告も課せられてる現代では、実機を作り上げる力も、数式やモデルもきちんと論文化する力も、多くのスキルが必要になってきています。これは大学だけでなく、企業でも同じです。

最初は用語も概念もわからず、プログラミングスキルもプアなところから始めるのが当たり前です。効率のいいやり方だからと「できる人」のやり方をまねてもなかなか思うように進まないのは当たり前です。

皆さん、立派なエンジニアとして社会に巣立っていかれて、立派な成果を上げています。

それは実は皆さん試行錯誤しながら、ガイドにあるようなやり方で進めていたからなのです。

ぜひ、資料をご覧いただき、あきらめることなく、先生や先輩とよりよい研究ライフを送ってください。

アールティは一人でも多くのロボットエンジニアが巣立つことを期待して、皆様の研究生活を応援しています。

頑張って研究を進めてくださいね!

そして部品のご購入はアールティへ!

お盆期間中も休まず営業いたします

いつもアールティロボットショップをご利用いただきありがとうございます。

当ショップはお盆期間中も休まず受注、発送をいたします。(土日祝を除く)

ただし、他社製品の委託販売については、製造元のメーカーの休業期間によって発送に遅れが生じる可能性がございます。

また、8月11日(火)~14日(金)の期間は、お問合せのご回答などにお時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

【RT NEWS発行】7月号掲載製品特集

RT NEWS7月号が発行されました!

RT NEWS(アールティニュース)とは ロボットエンジニア育成をサポートするための様々な情報や、アールティの製品情報をお届けしている情報誌です。
年に数回発行しています。最新号は各種学会誌への封入のほか、当社WEBショップで商品をご購入された方に送付しています。

RT NEWS 2020年7月号
クリックするとPDFが開きます

特集1:ロボット開発環境を整えよう
特集2:スキルアップのパートナー

7月号は「これからロボット開発を始めてみたい!」「ロボットに関する技術を身に着けてスキルアップしたい!」というスターターへ向けた情報を中心に特集されています。

今回は特集の中に登場した製品を、身に付けられるスキルと一緒にご紹介します!

■特集製品一覧
トレーニングトレーサー
Pi:Co Classic 3
半田ごて&組立工具セット
Raspberry Pi Mouse V3
Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門(書籍)
Raspberry Pi Mouse オプションキット No.4 [Webカメラマウント]
Raspberry Pi Mouse オプションキット No.8 [マルチLiDARマウント]
RT ROBOT SHOPで購入できます!

トレーニングトレーサー 【新製品】

基板のはんだ付けからプログラミングまで、ロボット開発の基礎技術が詰まったロボットキットです。
テープで指定した線上を走行する設計のため、市販のビニールテープがあれば自宅でも簡単にコースを設計し、走行させることができます。
文系・理系を問わずロボット知識を身に付けたい初心者に最適です。企業研修にも採用されています。

■身に付けられるスキル&ポイント
マイコン
組み込み
モータ制御
電子回路組み立て
ロボコンレギュレーション準拠
C言語によるサンプル
センシング制御
自立走行

¥39,600.-税込
ご購入はコチラ

Pi:Co Classic 3

はんだ付け・組み立てから迷路解析までできるAIロボットキットです。マイクロマウス競技のクラシックサイズ規格に準拠しているため、大会に参加して自分の実力を試すことができます。ロボット知識を身に付けたい初心者から走行制御などの技術を極めたい方まで幅広いレベルの方におすすめの製品です。

■身に付けられるスキル&ポイント
マイコン
組み込み
モータ制御
電子回路組み立て
ロボコンレギュレーション準拠
C言語によるサンプル
センシング制御
自立走行

¥50,600.-税込
ご購入はコチラ

半田ごて&組立工具セット【新製品】

半田ごて&組立工具セット - ウインドウを閉じる

トレーニングトレーサーやPi:Co Classic 3の組み立てに使えるアイテムが揃ったセット。

■内容
・はんだごてセット
・マスキングテープ
・テスター
・ドライバセット
・ニッパ
・ラジオペンチ
・マット
専用ケースに入っているので、持ち運びも可能です。

¥4,950.-税込
ご購入はコチラ

Raspberry Pi Mouse V3

組み立て済のため、ソフトウェアを中心に学びたい方向けです。
ROS・複数台の走行制御・画像処理などが学べます。
※オプションによって可能なものも含まれます。

プログラミング学習やマイクロマウス競技参加など、様々な用途に適しているため教育研究や企業研修にも採用されています。

サンプルプログラムについては下記ブログでご紹介しています。

■身に付けられるスキル&ポイント
Raspberry Pi
Linux
IoT
経路計画
ROS
自立走行
ロボコンレギュレーション準拠
C言語によるサンプル
Pythonによるサンプル
SLAM※
画像認識・処理※
ライントレース ※
※別売のオプションやカメラなどで拡張することによって可能

Raspberry Pi付きフルキット
¥90,200.-税込
ご購入はコチラ

Raspberry Pi Mouseを使ってROSを学べる教科書も販売していますので、組み合わせて勉強することでLinuxの基礎から画像処理まで幅広い知識を身に付けることができます。

Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門

Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門 - ウインドウを閉じる

¥4,070.-税込
ご購入はコチラ

さらに、オプションキットを組み合わせることでセンサや機能を拡張できるようになり、開発の幅も広がります。

Raspberry Pi Mouse オプションキット No.4 [Webカメラマウント]

Raspberry Pi Mouseの前方にUSB接続のWebカメラ等を取り付けられるようにするためのフレームセットです。

Raspberry Pi Mouse オプションキット No.4 [Webカメラマウント] - ウインドウを閉じる

¥763.-税込
ご購入はコチラ

Raspberry Pi Mouse オプションキットNo.8 [マルチLiDARマウント] 【新製品】

Raspberry Pi Mouseに各社が提供しているLiDARを取り付けるためのマウントパーツです。ROSのnavigationパッケージ使用を想定した作りとなっています。

Raspberry Pi Mouse オプションキットNo.8 [マルチLiDARマウント] - ウインドウを閉じる

¥5,500.-税込
ご購入はコチラ

RT NEWS特集は以上です!
春頃からの在宅学習・在宅研修需要の高まりにも対応して
自宅でも取り組みやすいアイテムが揃っていますね。
次回の特集もお楽しみに!

***技術ブログのご紹介***

アールティの技術ブログ「移動型ロボットブログ」 では
今回ご紹介した製品を使った研修ブログや技術情報を掲載しています。

「Raspberry Pi MouseでROS2を動かしてみた」シリーズの連載も始まりました!
ぜひご覧ください!

緊急事態宣言解除に伴うご注文のお取り扱いについて

いつもアールティロボットショップをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、アールティでは2020年4月1日より原則在宅勤務の体制をとって参りました。それに伴って生産・出荷作業の一部に遅れが生じておりましたが、現在はリモートでの生産環境も整い安定した出荷が可能となっております。

緊急事態宣言が全国的に解除されましたが、今後も感染拡大防止に取り組むため、2020年6月1日より当面の間は必要に応じて少人数での出社を認めながら在宅勤務を続けて参ります。
政府の専門家委員会が提唱する「新しい生活様式」に基づいて「新しい働き方」を模索しつつ、今まで通りにご利用いただけるようショップを運営して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により亡くなられた方々、およびご家族や関係者の皆様に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。また医療関係者をはじめ、感染拡大防止にご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。

在宅学習応援キャンペーンは5月31日まで!

※当キャンペーンは5月31日(日)をもちまして終了いたしました。

4月30日までを予定していた当キャンペーンを5月31日(日)まで延長いたします!!

 各地で緊急事態宣言の解除が始まりましたね。首都圏ではもう一歩という段階ですが、首都圏以外でもオンライン授業、在宅勤務が続くという声を聞いています。
 アールティでは引き続き、自宅での学習・研修をサポートするため力を尽くして参ります!当初は在宅応援で4つの特別価格セール品をご用意いたしました。そして、5月22日からは新発売のトレーニングトレーサーも対象製品に追加となりました!
合計5つのお得な製品をご案内いたします。

セールは4月30日まで5月31日までの期間限定です。お得な特典付きの製品もございます。数量限定なのでお見逃しなく!

対象製品の購入ページはコチラ!

5つの対象製品の特徴をこのブログでご紹介いたします。それぞれ、目的別の技術を身に着けることが可能です。

“在宅学習応援キャンペーンは5月31日まで!” の続きを読む

GW期間休業のお知らせ

いつもRTロボットショップをご利用いただきありがとうございます。

誠に勝手ながら、弊社では下記期間を全社休業といたします。
ショップはご利用いただけますが、休業期間中の発送・お問い合わせ等の対応は致しかねます。ご了承ください。

休業期間:2020年4月29日(水)~2020年5月6日 (水)

発注受付:4月27日(月)まで
出荷最終日:4月28日(火)

受付・出荷再開:5月7日(木)~ 予定

新製品 トレーニングトレーサー

アールティからライントレースロボットのキット「トレーニングトレーサー」を発売します!※ 5月中旬出荷予定
先行予約(特典付き)を開始しました。 弊社ロボットショップよりご予約いただけます。

6月1日追記:先行予約or発売記念のキャンペーンは5月31日(日)をもって終了いたしました。

トレーニングトレーサー とは

あの全日本マイクロマウス大会ロボトレース競技会で5回の優勝経験のあるH選手が監修した、上級者を目指すエンジニアにとって必要な技術を詰め込んだロボットキットになります。車載機メーカーの研修にも採用決定しており、ライントレースを通じてロボット開発におけるプロジェクトマネジメントの研修として活用できる製品構成にしています。

“新製品 トレーニングトレーサー” の続きを読む

アールティロボットショップをご利用の皆様へ

RT Corp. Logo

2020年4月7日、政府より新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されました。アールティロボットショップはスタッフの安全と健康を優先し、入出荷、生産業務を一部縮小することと致しました。(受付は通常通りしておりますので、ご発注はいつも通りで大丈夫です。)

それに伴い、出荷やお問い合わせの対応に通常よりもお時間をいただく場合がございます。

一時的に在庫切れの商品や、生産をお待ちいただく製品も増える見込みです。ご購入後のサポートに関しましても、ご対応にお時間をいただく場合がございます。

また4月より、皆様に在宅研修等でご活用いただける製品の特別価格キャンペーンも実施しておりますが、こちらについては引き続き在庫のある限り販売を続けて参ります。ただし、当日から翌日の出荷がお約束できない状況も予想されます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

必要な製品を少しでも早くお届けできるよう、スタッフ一同精一杯努力して参ります。

末筆になりますが、この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。また、お亡くなりになられた方々には謹んで哀悼の意を表します。

お客様におかれましてはそれぞれに慣れない状況でご不安なことと存じますが、お互いに優しい気持ちでお過ごしいただければ幸いです。

一日も早い収束を弊社一同も望んでおります。
どうぞ皆様、くれぐれもご自愛ください。

株式会社アールティ スタッフ一同