10連休でじっくりロボット作りませんか?

 皆様いかがお過ごしですか?GWは10連休となる方も多いと思います。RT ROBOT SHOPも4月27日~5月6日までは発送をお休みいたします。

 折角の長いお休みです。普段中々時間の取れない方もじっくりロボット作りに取り組むチャンスですね。

 ところが、大変申し訳ないことにGW期間は発送がお休みです。急に足りない!となってもパーツを発送することができません。

 GWにロボット作ろうとご計画中の方は、あらかじめ必要パーツを入手しておかれることをおすすめいたします。

 4月はintelのDepthカメラ D415がお求めやすくなっております。

お求めはこちらから INTEL-REALSENSE-D435 

さらにお求めやすいバルク品もございます。

お求めはこちらから INTEL-REALSENSE-D435-bulk

GWに画像認識にチャレンジしてみることをお勧めします!

GW期間休業のお知らせ

RTロボットショップをご利用いただきありがとうございます。

誠に勝手ながら、弊社では下記期間を全社休業といたします。SHOPのご利用はできますが、発送・お問い合わせ等の対応は致しかねます。

発送は全てGW期間後となりますので、ご了承ください。

2019年4月27日(土)~2019年5月6日 (月)

Humanoid Autonomous Challenge 開催

自律2足移動ロボットの競技会を開催します。

Humanoid Autonomous Challenge

2019年3月31日(日)
参加者がいないため延期

2019年9月21日(土)  プレ大会
場所:アールティセミナールーム(秋葉原)

フィールドに置いてある複数のオレンジボールを触ってスタートエリアに戻ってくる時間を競います。

競技のルールを公開しました。

Humanoid Autonomous Challenge 詳細

参加方法等は、以下のURLで行います。
HAC参加サイト

値下げ!PAWセンサー

従来価格の35%OFF 1300円(税抜)となりました。
お求めはこちらから → PAWセンサー

2013年に発売し、ご好評いただいておりますPAWセンサー。

アールティのロングセラー商品の1つでもあります。長年のご愛顧にお答えして、この度お求めやすい価格に変更することとなりました。

使い方はこちらでご紹介していますので、ちょっと古い記事ですがご参考に!

https://www.rt-shop.jp/blog/?s=PAW

柔らかいウレタンスポンジのどのあたりがどれくらいの距離押し込まれているかを検知する事ができます。ロボットの触覚センサーとしてだけでなく、新感覚のマウスを作るのにも最適です。

「PAWセンサー」名前の通り、肉球センサーの意味で、もともとはショップの店長であるネコ店長の肉球に使おうということで採用したセンサーだからPAW。

タッチエンス社のショッカクポットのOEM品になります。

命名はここからきています。

ぷにぷにしたくなりますね!

従来価格の35%OFF 1300円(税抜)となりました。
お求めはこちらから → PAWセンサー

XM-540スターターキット新発売

スターターキットは、サーボに付けるお試し用アルミ板とケーブル、六角レンチが付属したお得なオリジナルセットになっています

 以前販売していたMX-64ARスターターセットのXM540版です。それぞれのパーツはSHOPで個別に購入できますが、今回のキットには他では入手困難なお試し用アルミ板がおまけについてきます!!

フレーム有ると開発が捗りますよね?

ご購入はこちらから XM-540スターターキット

Raspberry Pi 3にROS2をインストール

初めまして、hiramaです。

普段は長期インターンとして、弁当盛り付けロボットの研究開発をしています。

 

さて、今回はRaspberry Pi 3にROS2をインストールする方法を書いていきます。

※ どうやら64bitに対応済みのイメージが配布され始めたみたいなので、以前書いた方法は下の方に備忘録としてまとめておきます。

想定している環境は以下になります。

  • Raspberry Pi 3 Model B or B+
  • Ubuntu 18.04.2 (arm64)
  • ROS2 Bouncy Bolson

Raspberry Pi 3にUbuntuをインストール

64bit対応済みのイメージが配布されているので、それを利用します。

http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/bionic/release/ubuntu-18.04.2-preinstalled-server-arm64+raspi3.img.xzからイメージをダウンロードします。ダウンロードしたイメージをmicro SDカードに書き込みます。私はEtcher(https://www.balena.io/etcher/)というソフトを使って書き込みました。

これでPCでする作業は終わりです。micro SDカードをRaspberry Piに差し込んで、起動をします。このとき、ネットワークに繋がっていないと起動してくれません。なので、有線LANを接続してネットワークに繋がっている状態で起動してください。

ここから、Raspberry Pi上での作業になります。

作業中にaptの自動更新があると作業の邪魔になってしまうので、以下のコマンドでaptの自動更新を切ります。

sudo sed -i ‘s/1/0/g’ /etc/apt/apt.conf.d/20auto-upgrades

起動時にネットワークがなくても止まらないようにします。パスワードは2回聞かれます。

systemctl disable systemd-networkd-wait-online.service
systemctl mask systemd-networkd-wait-online.service

ROS2のインストール

それでは、カーネルを64bitにしたのでROS2をインストールしたいと思います。

以下のコマンドをすべて実行すればROS2がインストールされます。

sudo apt install curl
curl http://repo.ros2.org/repos.key | sudo apt-key add -
sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64,arm64] http://repo.ros2.org/ubuntu/main `lsb_release -cs` main" > /etc/apt/sources.list.d/ros2-latest.list'
sudo apt update
sudo apt install ros-bouncy-ros-base
sudo apt install python3-argcomplete
sudo apt install python3-colcon-common-extensions

 

以上でROS2のインストールは終わりになります。

次回は、ROS2を試してみたいと思います!

“Raspberry Pi 3にROS2をインストール” の続きを読む

TurtleBot3 Waffle Pi [US]即納できます!

TurtleBot3 Waffle Pi [US]

ROSの公式プラットフォームロボットです。

普段は1ヶ月以上でお待ちいただく商品ですが、年度末に備えて在庫をご用意しております。

数に限りがございますので、お早目のご注文をお願いいたします。

TurtleBot3 Waffle Pi [US] 商品ページはこちら

Turtlebot3 Burger [US]

品薄のため即納はできませんが、若干数のみ年度末までの納品が可能です。

Turtlebot3 Burger [US] 商品ページはこちら

Raspberry Pi Catと書籍「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」でROS入門

こんにちは、satoです。

Raspberry Pi Catは2018年12月4日の記事で紹介したとおり、Raspberry Pi Mouseをスケールアップした二輪(+補助輪)の車輪型ロボットです。一部のパラメータを変更するだけでRaspberry Pi Mouse用に開発したソフトウェアをRaspberry Pi Catの制御に流用することもできます。
今回はRaspberry Pi MouseのパッケージをRaspberry Pi Cat用に書き換える際にどのような変更を加えればよいのかを説明していきます。具体的には、書籍「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」を読みながら、Raspberry Pi Catを制御するパッケージを作成する際、どのパラメータを変更すればよいのかを解説していきます。

“Raspberry Pi Catと書籍「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」でROS入門” の続きを読む

Raspberry Pi Catを使った地図作成方法をご紹介します

こんにちは、satoです。
前回のエントリではRaspberry Pi Catの大きな特徴として「走破性能が向上し、屋外走行が可能」なことを挙げました。
今回はその特徴を生かして自己位置推定をしながら地図作成をする様子と具体的な使用方法をご紹介します。

“Raspberry Pi Catを使った地図作成方法をご紹介します” の続きを読む

ROBOTIS製品の年末年始のご注文について

今年も残すところあと少しとなりました。
本年分のROBOTIS製品お取り寄せは2018年12月13日を持ちまして終了しております。同日以降のご注文品につきましては年明けの手配とりますのでご了承ください。また、納期につきましてはご発注・ご入金確認後通常1~2週間をいただいておりますが、年始の配送混雑が予想され通常よりお時間がかかる場合ございます。

ROBOTIS(https://www.rt-shop.jp/index.php?main_page=index&cPath=1348_5)