光源追跡マイクロロボット(by新入りの初製品紹介ブログです。)

 

 

まず商品の説明の前に、初めましての方も多いと思うので簡単に自己紹介させて頂きます。7月から入社してそれからマイクロマウスのブログは書いていたのですが、今回から商品のブログも始めました立野です。

よろしくお願いします。

アメリカに5年間ぐらい留学をしていて株式会社RTで働き始めましたが、理系でもなく完全に素人ですが初心者の目線からわかりやすく伝えていきたいと思います。

では今回紹介する製品は、「光源追跡マイクロロボット」。
マイコンを使わないでセンサの反射加減で前に進んだり斜めに進んだりしながら動くとてもかわいらしい小さなロボットです。 写真と動画を付けて紹介していきますが、まず最初に使う部品と道具を紹介していきます。

 

R0014075_R_R     R0014081_R_R

 

 

部品は(下記)

・フォトトランジスタ (2つ)
・トランジスタ (2つ)
・抵抗200Ω (3つ)
・シャーシ (2つ)
・ホイール軸用ねじ (2つ)
・電子回路基板
・スライドスイッチ
・基板固定用キャスタ軸用ねじ (6つ)
・キャスタ ・ホイール (2つ)
・電池ホルダ (2つ)
・ボタン電池LR44 (2つ)
・モータ ・タイヤ (2つ)
・ホイールスペーサ    (2つ)

 

最初に部品の加工から始めます。

R0014082_R_R

 

きれいに作り上げるためにできたらラジオペンチを用意できれば便利です。

 

R0014092_R_R     R0014093_R_R

電池ホルダとボタン電池を上手く挟む為にピンセットなどの軽く押さえつけて少し曲げられる物などがあれば便利です。

 

R0014096_R_R

抵抗の折り曲げは手でも大丈夫だと思います。

 

R0014099_R_R

次に折り曲げた抵抗を基板にはんだ付けしていきます。       真ん中の抵抗だけ基板の表面からはんだ付けします。

 

R0014104_R_R

 

次は、フォトトランジスタをはんだ付けしていきますが最初にニッパーを使ってピンを短くします。 表面が少し赤いので爪などで塗料を落とします。

 

R0014107_R_R R0014110_R_R

次はLEDとトランジスタをはんだ付けします。 トランジスタのピンの真ん中は手などで少し曲げて入れてください。LEDは向きがあるので気をつけましょう。

 

R0014118_R_R

はんだ付け最後は、スイッチをのはんだ付けです。

R0014124_R_R

 

次は、シャーシやタイヤなどを組み立てて基板に取り付けていきます。

 

R0014126_R_R

このような配列でねじ込んでいきます。(上記) 次は、モータを取り付けて 最後に組み合わせて完成です。

 

R0014127_R_R   R0014131_R_R   R0014132_R_R     R0014133_R_R

これで完成ですが、スマートフォンの光を当てて動いている様子動画に取ったのでこちらももしよかったら見てください。(下記URL)

光源追跡マイクロロボット

 

 

光源追跡マイクロロボット ライントレースユニット Pi:Co Classic2

タイトルとURLをコピーしました