PCでサーボを動かそう ROBOTIS編


ドーモ Seijiです
前回「PCでサーボを動かそう Futaba編」を掲載しました、今回はROBOTIS編です。

ROBOTISのDYNAMIXELシリーズは結構シンプルな構成で、MXシリーズの場合 末尾がRのものがRS485で4線式、TのものがTTL信号で3線式になっています。
PCからの接続に使うパーツはRS485もTTLも同じものを使います。

USB2Dynamixel
 PCのUSBに挿す信号変換機 RS232C、RS485、TTLの3種類に対応
SMPS2Dynamixel
 サーボを接続するハブ、電源供給口も兼ねています。
上記の2つと、12Vの電源があれば準備完了です。電源プラグはΦ2.5のセンタープラスです。
SMPS 12V5A PS-10 [US-110V]という12VACアダプタもありますのでこれを用意するのが簡単です。

USB2Dynamixel_INT SMPS2DYNAMIXEL SMPS 12V5A PS-10 [US-110V]

接続例がこちら(USBハブ経由で接続)

SMPS2Dynamixelには3線式、4線式それぞれ2個を並列接続できます。(混載は不可)

動かすにはサーボにIDを設定していくのですが、設定にはROBOTISより配布されている「RoboPlus v1.1.3.0 (July 8, 2014) ? JAPANESE Ver.」をダウンロードして使います。
ダウンロードして起動したらまず最新版にアップデートします。できたらDynamixelWizardからCOMポートを指定して接続。成功したら繋がってるサーボが左ツリーに表示されるので変更するサーボをクリックして設定画面から設定して更新していきます。
ディジーチェーンで接続されているものが全部表示されますが、IDが被ってるものがあると表示されなくなるので、一番最初の設定は一個ずつ繋いで設定していきます。初期設定ではIDは1が設定されているのでそのままチェーンで繋ぐと見えなくなるので注意です。
他にもOpenCM9.04を使った方法等も最近流行っているので、こちらもまた紹介させていただきます。

このように比較的シンプルに構成できるのがROBOTIS製品の特徴でしょう。
WebShopではROBOTIS製品も豊富に揃えておりますのでぜひご利用ください。

皆様のご利用お待ちしております。

ROBOTISサーボ関連 OpenCM9.04-C ROBOTIS MINI

 


Seiji Kawakami

株式会社アールティフォワード所属 ロボット全般をそこそここなす、得意部門はモーション作成と無線と内燃機関。

カテゴリー: ROBOTIS, ブログ, 商品紹介, 技術ネタ