近藤科学の新型サーボがっ!

なんか8月が終わったって気づかないまま9月に突入していますよ?
灼熱、台風、竜巻と どばぁ~っと来ましたがみなさん大丈夫でしたでしょうか?

ちょっと前の話になりますが近藤科学から新型のサーボが発表されましたね。新製品とかって聞くとなんとなく高揚しますよね?
で、その新型ですけど

 

KRS-2572HV ICS

 

【11.1[V]時】

トルク:20.0[kgf・cm]
スピード:0.12[sec/60deg]

  • モータ種類 コアレスモーター
  • ギヤ種類 メタルギア
  • 外形寸法 41x21x30.5mm(突起を除く)
  • 軸間距離 38mm(ボトムケース軸受けから出力軸まで)
  • 重量 44.2g
  • ケーブル コネクタ脱着式
  • 動作電圧 9~12[V]
  • 動作範囲 ±135°[270°]
  • 通信規格 ICS3.5(シリアル/PWM選択式)
 KRS-3204 ICS

 【7.4[V]時】

トルク:9.0[kgf・cm]
スピード:0.09[sec/60deg]

【6.0[V]時】
トルク:7.5[kgf・cm]
スピード:0.10[sec/60deg]

 
  • モータ種類 コアレスモーター
  • ギヤ種類 メタルギア
  • 外形寸法 33x15x26mm(突起を除く)
  • 軸間距離 34mm(ボトムケース軸受けから出力軸まで)
  • 重量 25.2g(サーボリード含む)
  • サーボリード長 150mm
  • 動作電圧 6~7.4[V]
  • 動作範囲 ±135°[270°]
  • 通信規格 ICS3.5(シリアル/PWM選択式)

KRS-3304 ICS

 

【7.4[V]時】
トルク:10.0[kgf・cm]
スピード:0.10[sec/60deg]

【6.0[V]時】
トルク:8.5[kgf・cm]
スピード:0.12[sec/60deg]

 
  • モータ種類 コアレスモーター
  • ギヤ種類 メタルギア
  • 外形寸法 33x26x26mm(突起を除く)
  • 軸間距離 34mm(ボトムケース軸受けから出力軸まで)
  • 重量 28.2g
  • ケーブル コネクタ脱着式
    ZH接続ケーブル対応
  • 動作電圧 6~7.4[V]
  • 動作範囲 ±135°[270°]
  • 通信規格 ICS3.5(シリアル/PWM選択式)

 

KRS-3314HV ICS

 

【11.1[V]時】

トルク: 未定
スピード:未定

  • モータ種類 コアレスモーター
  • ギヤ種類 メタルギア
  • 外形寸法 33x26x26mm(突起を除く)
  • 軸間距離 34mm(ボトムケース軸受けから出力軸まで)
  • 重量 28.2g
  • ケーブル コネクタ脱着式
    ZH接続ケーブル対応
  • 動作電圧 9~12[V]
  • 動作範囲 ±135°[270°]
  • 通信規格 ICS3.5(シリアル/PWM選択式)

今回発表された製品は小型ばかりという小型機好きにはたまらない製品ばかりですw
全体としてはコアレスモーターの採用という点が一番大きいとこですか。
ただ、KRS-2572HVとKRS-3314HV以外は6~7.4VということなのでKRS-4000系との混載には電源周りをどうにか用意してあげないといけないようですが、HV版も今後用意されるということらしいのでそこは期待しています。

U1K機体を作るときにはモーターの選択肢がすごく増えるので「俺は近藤サーボしか使わねぇ!」って方にもうってつけなサーボですよね? RCB-3、4で動かせるので使い慣れたボードで作れるというのも魅力ですし… 参戦お待ちしております。

現物を見るチャンスをいただいたのでその時の比較画像を掲載していきます。

KRS-4013HVとKRS-2572HVとの比較
KRS-2552RHVと同サイズなので見慣れたサイズ感。

R0012203_R

同じくKRS-3304との比較
似た感じですね、4000系の設計とかで慣れてる人には使いやすいかも

R0012199_R

そしてKRS-3204との比較
とても小さいです、2552を縮小したような感じ。

R0012205_R

で、並べてて気づいたのですけど……
R0012208_R
R0012207_R
R0012206_R

KRS-3204とKRS-3304が出力軸位置とかがほぼ同じなのですよ、これは組みやすいかも。
ブラケットとか自作するときには、こーいった配慮がされているとありがたいです、ポカミスしないようなのは嬉しいです。

発売日や最終的な仕様等はまだ確定していないそうですが、サイズのバリエーションが増えるのは大歓迎です。
また情報が入り次第アップしていきますので、今後の情報にご期待ください。

あ、もちろん予約や購入はアールティロボットショップで!

二足歩行最強ロボットKHR-2HV完全ガイド

RCB-3HV ボードのみ RCB-4HV ボードのみ Dual USBアダプターHS

マイクロマウスの思い出放出中 2

先日某取引先に納品に行った時、エレベーターが来るのを待っていたんですよ。アテクシの前には他の待ちのお兄さんがいて、およそのお兄さんの前であまりきょろきょろするのもどうかと思ったので優雅に発売直前だった某J〇J〇ゲームのビデオを見ていました。あくまでも暇だから見てるみたいな雰囲気で。
むおおおおおJ太郎素敵過ぎる!!たまらぬ! なんて一通り見てかなり満足して振り向いたらお兄さんがいませんでした。

なんてことでしょう!明らかにエレベータ待ちのこのアテクシを!置いて!乗っていってしまわれたのですよそのお兄さんはああああ!!一言声かけてくれればよいものをををををッッッ!

何分そこに立っていたのかはわからないですが、そのお兄さんが用事を済ませて降りてきたエレベータにかち合わなくてよかったとしみじみ思いましたのよ。 サナエです。

さてさて、前回から突然始めたマイクロマウスの思い出放出、2回目です。

いきなりどん。

3-4

なんていうんですか、物理とか!高校でちょっと聞きかじっておそらく一生縁がないであろうと思っていたこのアテクシによくわからない数式とか!
なんていうんですか、数学とか!高校でちょっと聞きかじっておそらく一生縁がないであろうと思っていたこのアテクシに思い出したくもない思い出せない微分とか積分とかどっちかと言うとお前さえいなければもう少し楽しい高校生活がすごせたものを!なんて思ってしまうような数式とか!
まさか君にここで会うとは思わなかったよ… ってのはここで使うセリフなんだとしみじみ思いましたのよ。
マニュアルをパラ見したときのアテクシの悲愴感ッたらああもう。

ハンダ付けもしたことないし、マニュアルを見てると目がカメレオンのようにぐるぐるしそうになるしでどうしたものかと思ったのですが、弊社スタッフに色々と聞いたりできると言うちょっとお得な状況。活用しなければもったいないですよね。
きっかけは大事です。

そんなわけでじわりじわりと始めたPi:Coさん、まだまだ先は長いです。

迷路

出張です!(いろいろな意味で)businnes trip!


こんにちは。

今日は休日の出勤の分、代休を頂いているのですが、
特に用事もなく、家にいるのもさびしいのでアールティに遊びに来てしまいましたw

さて、そんな私の今週末は台風の予報でなにやら(文字通り)暗雲立ち込めるマイクロマウスの中部初級者大会への出張なのです!

いつもは、「マイクロマウスブログ」の方でマイクロマウスについて書いているのですが、
今日はショップブログに出張してマイクロマウス大会前夜(大会は日曜日です)の心境をお伝えに来てみました!!

さて、マイクロマウスの大会にフルに参加するとなると、たいてい二日間のスケジュールを見ます。

写真 2013-08-04 10 21 13

[前日]
試走会(できる場合)
懇親会(開催される場合)

[当日]
大会

というスケジュールです。
※試走会や懇親会は開催されないこともあります。また、任意参加です。

試走会、懇親会、本番、どれをとってもいろいろな方とお話しするチャンスに溢れていて面白いです。

技術交流

部品の話、その調達先、活用方法、プログラム、制御の方法等々、いろいろな情報を知ることができます。
マイクロマウスをやっていらっしゃる方々のそういったオープンなところが魅力であり、醍醐味といえます!

さて、今日アールティに遊びに来た理由として、大会の準備をする、というのもありますw

大会にはわたしはいつもこんなものを持って行きます。

写真 2013-08-30 15 40 52

もしかしたらハードのメンテが必要かもしれないので、工具は必須です!
ちなみにこのうち「充電器」「工具」「電池バッグ」は、アールティ店頭で揃っちゃいますので、是非^^!!

あと忘れちゃいけないのが

写真 2013-08-30 15 42 07

Genieちゃん!!!

素敵な専用バッグもあるので、ちゃんと連れて行きまーす♪

このように奥が深く、また、お詳しい方は研究のしがいのあるマイクロマウス。
来月はマイクロマウスハッカソンもありますので、もっと興味を持ってくださる方が増えるのを楽しみにしています♪
どんな人も受け入れてくれて、楽しめる環境がマイクロマウスにはあるというのは、さんすうすらままならない私でもこのようにうきうきと取り組めていることが証明になるかなあと思います。

と、いうことで
楽しんで行ってきまーす^^!!!



Pi:Co Classic


プレミアムツールセットB


C-01 Li-PO / Li-Fe 2-3セル ACチャージャー

マイクロマウスの思い出放出中

処暑を過ぎ、朝晩がぐっとすごしやすくなって来ました。ここまで暦どおりに涼しくなると暦を作った昔の人はすごいなあとしみじみ思います。 今朝は雨戸を開けた瞬間、雨上がりの草の香りに加えすんごく気持ちのよい気温だったものでまるで高原の別荘にいるようなリッチな気分になって一人にやついてしまいました。芝生ではなくてエノコロ草(NEKOJARASHI♪)の香りというのがが残念な所です。素敵なマダム候補生のサナエです。

さて!そんなわけで夏休み最後のアテクシのブログの日なので、以前からどこで出そうかと考えていたマイクロマウスの研修中に描いたマウス漫画を放出してみようかと思います。 ゆかさんがガスガスレベルアップしつつブログ書いているのに私のはレベルが低すぎて気分的にはしょぼしょぼなのですが、せっかくなので!

0ようこそ

1-2

… 今日はここまで!チョコチョコ出していくことになりました!
一気に出すと見るのも大変だと言うことで、しばらく続くことになりました。どんどんパフパフ

実は19話で本体が出来上がった!の回を描いているうちに業務でてんぱってしまい、書き溜めてる余裕がなくなってしまったのですが、載せると決まったからには漫画の中でも本体は完成する…と思う!頑張ろう!

最初のうちは自分を含めキャラを可愛いめに描いていたのでちょっと絵が違いますね。 遠慮がなくなってきた今とちょっとちがうのでまあこれはこれでよしとしよう!

Prosessingがちょっと止まっているけれどキニシナイ!
今マウスシーズン真っ盛りなので今出さずして何とする。

今日のお勧めはアテクシも個人的に家におきたいマイクロマウスベース関連です。

迷路

2足ロボ作ってみよう、市販部品集めて (超音波カッター編)

3週続けて言うことでもないのですけど

とにかく暑いっつ~の!

これいつまで続くんでしょうね…  そろそろきついです。
湿気もあるんで塗装作業が捗るような捗らないようなとか言ってたら風が強くなってきてるんでやめやめ。
そーいうときは造り物に走ってしまえということでごそごそと机上作業です。

あ、過去記事はこちらです。最初から読みなおすってのも有りかと。

最近はロボの部品や外装に樹脂素材を用いることが多くなってきました。素材の入手性が良くなったり、CNCマシンを個人で所有する人が増えたり、昨今では3Dプリンタが登場してきたこともあって樹脂が身近になってきているのでしょう。
手軽になったとはいえ相変わらず面倒なのがバリとか3Dプリントした際に出るサポート材の除去という作業。レジンなんかで注型した時の湯口とか空気穴のところなんてかなり太く残るので面倒ったらありゃしないです。
そんな面倒な作業を楽にサクサクと進められるツールがこれ、「超音波カッター ZO-40W(白)」です。
R0012118_R
カッターっていうくらいで先端部はこんな感じ、デザインナイフみたいですね。
R0012119_R
R0012128_R
原理をざっくりと説明すると、刃部分を超細かく振動させてサックリと切れるようにしてしまうというツールです。エヴァンゲリオンのプログレッシブナイフとかARMSのナイトが装備するミストルテインの槍なんかが同じようなものです、規模が違いすぎますけど。

では早速試していきます。
まずはポリカーボネイトを切ってみます。

ん~、どうにも入っていかないなぁ。
何度も当てていくとうっすらと切れていってるようないってないような・・・・・
2013-08-23 11.12.54_R
えっちらおっちらと切り続けてこのくらい切れてます。(ささくれて見える部分は表面に貼られたビニールです。)
どうもポリカーボネイトは相性があまり良くないかもしれません。厚さが0.5mm以下ならばそこそこ刃が入っていくのですが厚めのところは止まってしまいます。しかもこういったバキュームで抜いたパーツとかになると場所によって厚みが変化しているので刃が通ったり通らなくなったりでやりにくいです。

さて、気を取り直して次の素材、ABSを試してみましょう。
R0012180_R
はい、ドロイド君登場です。
このドロイド君は3Dプリンタで出力したものですけど、ワンピースで全部出力したため展示中に腕部が折れてしまいました、ツノは助かっている不思議。
で、修理するために折れた部分を整形してやろうということで、超音波カッターZO-40で試してみようと。
R0012183_R
おおおっ? ス~~~~~ッと刃が入っていくよ? むしろ抵抗が無いんで気持ち悪いw
パッケージにも書いてあるとおり「プラスチックがバターのように切れる」という表現がぴったりかも!

加工後はこんな感じ
R0012184_R
気持ちいい

太いとこもガツンといってしまいますよ?
R0012185_R

た~の~し~いぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~~♪

これだけサクサク切れるとなんか自分が強くなったんじゃないかと錯覚してしまいそうです(なってません)。
とにかく楽、今までデザインナイフで薄皮を削いでいくようにやっていたのが嘘のように切れていく、もう戻れないw
レジンとかにも使えるってのもすごく嬉しい、タネガシマシン3作るときにこれあったらどんなに楽だったであろうか(またしみじみ…)

超音波カッター自体は10数年前くらいからあったのですが、当時のものは値段も高く切断面が溶けたような断面になったりでなかなか使い所が難しいツールでしたが、ここで使っているZO-40は切断面も殆ど解けた感じもなく切れ、無理に押し付けた時も自動で振動を止めてくれる機能もあったりと進化を感じます(しみじみ…)

ロボットの外装なんか作るときの便利ツールとしてお手元にひとついかがでしょうか?

あ、もちろんプラモデルなんかの改造にもイケますよ、バリ取ったり切断したり………
2013-08-22 14.56.22_R

未夢さん身構えてます  そんなことしませんよwwwww

[amazonjs asin=”4797373547″ locale=”JP” title=”自宅ではじめるモノづくり超入門 ~ 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 ~”]

超音波カッター ZO-40B(黒) 超音波カッター ZO-40W(白) RIC30