mbedワークショップに行って来ました!went to workshop of mbed

こんにちは。
金曜日のブログ担当は、いつか「趣味:電子工作」って言いたい新人の松崎です^^

はんだづけが大好きなわたしは、実は今まで、
はんだづけができないなんてつまらない!
と、ブレッドボードを敬遠していたのですが、
マイクロマウス製作でLEDの輝度を試験するのに重宝してから、ちょっとブレッドボード気になってます♪

(↓面白くて、こんな無意味なもの作ってしまいましたw)

20130528_2

さて、そんなブレッドボードも活用できるmbedのワークショップ、
「ワクワクするmbedワークショップ~入門編~」
を、スイッチサイエンスさんが開催されるという噂を聞きつけたので、
居ても立ってもいられず先日5/27に参加させていただきました^^

会場はアーツ千代田3331内のはんだづけカフェ
持ち物は、ノートPC(無線LANとUSBポートのあるもの)のみでOK。
その他mbedやブレッドボード、ジャンプワイヤなどは貸して頂けます。


R0011130
↑講師のセニオ・ネットワークスさん。

お菓子やお茶をお供に、ゆるーい雰囲気でわいわいいろいろやります^^
わー大人の遊びだぁw

参加者の方々の参加動機はさまざま。
勉強やお仕事の参考に…と来てる方もいらっしゃれば、昔ちょっとやってた…なんて方も。
電子工作友達を作るいい機会になるかもしれないですね^^

R0011114

さてさて。
まず、mbedとは。
「プロトタイピング用ワンボードマイコン」という何ともかっこいい肩書きの奴です。

開発環境をクラウド上に構築するので、ブラウザさえあれば、
どこからでも何からでもプログラム、コンパイルできます。(便利!)
アイディア次第でどんなこともできちゃうかも!?

使用方法は簡単!
このように、ブレッドボードにmbedを挿して、ジャンプワイヤで配線し、
プログラムをコンパイルして実行すれば、もう実際にプログラムを動かせちゃいます!
(もちろん基板にはんだづけしても可♡)

R0011117

上のようなLチカなんて、初心者の私にも本当に簡単にできてしまいます^^
プログラムは以下↓

20130528_4

キーボード入力苦手な方や時間短縮のためにあらかじめサンプルコードも Web 上に用意されており、
3分クッキングみたいに簡単に利用しコンパイルすることもできます。
mbed公式サイト上で世界中のいろんな人たちのアイディアを利用してプログラミングができるのがとってもユニーク◎
トラブルシューティングも充実していて、
掲示板に書き込めば世界中に助けを求めることができます(ただし基本英語なのでがんばってくださいw)

今回の入門編ワークショップでは、
スイッチでLEDを光らせたり、
R0011118

R0011119

可変抵抗でLEDの明るさを変えたり、
(プログラムによって指数曲線に従って電圧が変わるようにして、明るさの変化をより感覚的にしたり)
R0011122

ブザーを鳴らしたり(プログラムすれば音階も表現できます♪)、
R0011128

温度を測ったり…(cool term使用。温度センサは、極性を間違えると危険なのでお気をつけください…。)、
R0011126

mbedのポテンシャルを垣間見ることができました。
これ、使いこなせたら、絶対めちゃくちゃ楽しいですよ!!!

中でも感動したのは、
普段マイクロマウスをやっている私が使わない関数「printf」を使って、
PC上に文字を表示させられたこと!
C言語のテキストを読んでいると頻出する「Hello World!」にずっと憧れていたので、とても嬉しかったです!w

講師の方が、
「mbedが話しかけてきます」
と表現されていたのに何だかときめきました^^

R0011125
初printf。
記念すべき一枚☆

R0011120

初心者向けのワークショップということで、
わからないところで立ち止まっていろいろ教えていただけて、とっても勉強になりました♪
いろいろみんなで悩んで結局LEDが切れているだけだった…などというハプニングもあったりw

みなさんも簡単でクリエイティブな電子工作初めてみませんか♪
当社でも、mbedを取り扱っております。
このブログを見て羨ましくなったそこのあなた、ぜひご購入をご検討くださいませ^^♡
(上級者のあなたにはmbedを使った「うぉーるぼっと」なんかどうでしょうw)

ご協力いただいたスイッチサイエンスさん、セニオ・ネットワークスさん、参加者のみなさん、
楽しい機会をありがとうございました♪

R0011132