あなたのロボットライフを応援します!
言語:  English  Japanese  



OpenCM9.04-A

¥1,452.-(税込)

数量:
■概要
コネクタやピンヘッダが装着されていないOpenCM9.04です。
DYNAMIXELと各種コマンドを送受信するためのArduinoライブラリが用意されており、Arduino IDEでロボットの開発に対応。
(Arduino IDEにはボードマネージャからOpenCM9.04がインストールできます)
GUI開発環境 R+Task3.0によるローコードでの開発に対応。

■仕様
  • CPU:STM32F103CB (ARM Cortex-M3)
  • 使用電源:7V ~ 16V (USB 5V, DYNAMIXEL 12V)
  • 外部I/O:26
  • タイマー:8
  • アナログ入力ピン:10 (12bit)
  • フラッシュメモリ:128 Kbytes
  • SRAM:20 Kbytes
  • クロック:72Mhz
  • USB:1 (2.0 Full Speed)
  • CAN:1
  • USART:3
  • SPI:2
  • I2Cピン:2
  • 対応ソフト:JTAG & SWD
  • TTLポート(3Pin):4 ( Dynamixel, XL-Series 兼用 )
  • センサーポート(5Pin):4 ( ROBOTIS Sensor 使用可能 )
  • 大きさ:27 mm X 66.5 mm
  • 重さ:13g


■対応機種
【OpenCM9.04-A本体に対応コネクタを装着することで接続可能なDYNAMIXELとコネクタの種類】
●XL-320 / molex 53253-0370 3ピンコネクタ
●AX series / molex mini-SPOX 3ピンコネクタ
●MX series TTL(3ピン)モデル / molex mini-SPOX 3ピンコネクタ
●XL330 / JST EH 3ピンコネクタ
●X430 series TTL(3ピン)モデル / JST EH 3ピンコネクタ
●X540 series TTL(3ピン)モデル / JST EH 3ピンコネクタ

【OpenCM 485 EXP Boardを接続することで使用可能なDYNAMIXEL】
●全機種のDYNAMIXEL
※X430 series, X540 series,P series(DYNAMIXEL Pro Plus)は、変換ケーブルが必要です。

注意
Dynamixel 使用の時、必ず別の電源をDynamixel に入れてください。

<開発環境>
- OpenCM9.04 e-manual


  • モデル: 902-0084-010
  • 重量: 0.3kg
  • メーカー: ROBOTIS

この商品は2014年08月18日(月)に登録されました。