消費税増税に伴う販売価格変更のお知らせ


消費税増税について

皆様ご存知のとおり、2014年4月1日より、消費税が8%に増税されます。
弊社では、消費税転嫁対策特別措置法に従い、増税の幅どおり、販売価格を改定させていただきますのでお知らせさせていただきます。
なお、改定を円滑に行うため、3月31日午後5時を持ちまして。消費税率を8%とさせていただきました。
あらかじめご了承ください。

この措置は、消費税増税に伴い、2014年4月1日以降にお客様のお手元に届く商品に8%が課されることになるためです。
しかしながら、2014年3月31日午後5時以前に代金支払いされた方は追加でお支払いいただく必要はございません。
(税法上は、2014年4月1日以降に到着した場合は8%課税となりますので、お客様の手元での計算は8%となりますが、
弊社としては値引き対象としてお客様に提供させていただいたものとしてお取扱いさせていただきます。
詳しくは税務の専門家にご相談の上、お客様で適切に経理処理していただけますようお願いいたします。)

どうぞご理解くださいますよう、お願いいたします。

NAOが買えちゃう!?NAO for everyone!


こんにちは!
暖かくなってきましたね。
毎朝布団を出るのも、心なしかつらくなくなってきましたw

最近PCを新調したのが嬉しく、使うこともないのに毎日ワクワクと持ち歩く松崎ですw

さて、昨今の大ニュースと言えば、やはり、NAOの値下げ&一般向け販売開始です。

NAO_H25_RHEB

お金があって、各種確認事項を了承すれば、わたしでも買えちゃうのですよ!!w

二足歩行ロボットを誰でも手に入れるようになる、と聞くと思いつくのはやはり
「じゃあ、何をさせるか」ですよね。

有名な二足歩行ロボットといえばドラえもん。
ドラえもんがいたら、、、と考えたことがない日本人はいないのではないかと思うほどです。
(ちなみに弊社の某エンジニアに「もしドラえもんがいたらどうしますか?」と聞いたら「分解したいです」と即答されました)

わたしはやっぱりNAOちゃんにアールティのショップの受付をして欲しいかな!

写真 2014-03-28 17 59 22

ご来店くださったお客様に店内をご案内する賢くてかわいいロボットになって欲しいです。
他の二足ロボットがお買い上げ~になるのを見てスネたりw

ついでに商品の管理も手伝ってくれたら嬉しいですね~~棚卸しとか~~!

相棒として一緒にショップを管理できたら素敵♪
写真 2014-03-28 18 01 24

みなさんは、二足歩行ロボットに何をして欲しいですか?
NAOちゃんが何をしてくれたら嬉しいでしょうか。

最近、模様替えも完了し、たくさんのお客様に秋葉原の店舗までご来店いただいております。
気候も暖かくなったことですし、ご入用のものがあってもなくても、ぜひご来店くださいませ♪

NAOちゃんが気になるというお客様も、ぜひ実機をご覧頂いてご購入等検討いただけたらと思います。
パンフレットなどもございます。
(詳しいスタッフによる解説などは、事前にお問い合わせください。)

お待ちいたしております^^



NAO H25


NAOのライバルなのか?ロボタ


G-ROBOTS GR-001 (RS303MR・ RS304MDサーボ仕様)

【近日発売】 素敵な台車はいかがです?

年度末納品ラッシュ真っ最中です もうひと頑張りなSEIJIです、まじもうちょい。

そんななかこのような製品を用意しております。
じゃじゃんっ!
IMG_9041_R
新製品は台車ですっ!。

IMG_9043_R
Kinectで周囲情報を取得して…

IMG_9042_R
マッピングしながら移動していきます。

実験中の様子
IMG_9030_R

IMG_9031_R
非常スイッチももちろん装備しています。
電源は鉛蓄電池からインバータを介して各種取り出せるようになっています。
IMG_9044_R

そして、写真ではPCが乗っかっていますが、ここにはRIC Torsoを搭載出来るようになっています。
つまり双腕移動ロボットが構成できるプラットフォームなのです。

詳細は後ほど発表させていただきますので、しばしお待ちください。

そして検証が終わって気が抜けたのりさんの図
IMG_9027_R

マイクロマウスを順次設計 + 実践KiCad ①

佐倉です。
今回からは数回に分けて、自分のマイクロマウスの設計過程をご紹介しつつ、(ついでに要望があったので)KiCadの実践的な解説を行います。
(KiCadの解説に入るのは、数回先からになりそうです。)

まず、マイクロマウスを作っていく際の私の中での流れをご紹介します。

  1. コンセプトを決める
  2. コンセプトを実現する方法を決める
  3. 設計する
  4. 作る、プログラムする

重要なのが1と2の部分です。
なんとなくロボットを作っているよりも、
「コレをやるためにこのロボットを作るんだ」
という気持ちでロボットを作ったほうが、まとまった物になります。
これが、コンセプトを決めるという部分です。

次は、コンセプトを実現する方法を決めるというターンです。
例えば、
「7分以内に月に行って戻ってきてからゴールするマイクロマウス」
なんてコンセプトを掲げても、現代には実現する手段がありません。
コンセプトが身の丈に合っているか、簡単な検証をする必要があります。
なんとか実現できそう、くらいの雰囲気で挑戦するのが一番楽しめると思います。

次に、設計と作成です。
このあたりは回を重ねながら書いていきます。

参考になるかはわかりませんが、歴代の私のマウスのコンセプトをご紹介します。

・マイクロマウスに参加するにあたってのコンセプト
人工知能が好きだったので、迷路探索に惹かれて参加しました。
人工知能や、自律的な機能と呼ばれるような部分に力を入れて参加しています。
タイムを競う競技会なので、速く走るというのももちろんコンセプトの1つです。

・さくらねずみ1
最初のマイクロマウスです。
SANYO DIGITAL CAMERA
コンセプトは最初なのでがむしゃらに作っていて、あまりありませんでした。
しかし、迷路探索に惹かれて入った事もあり、
全日本大会フレッシュマンクラスでは、最短経路が出るまで探索を続けるアルゴリズムを実装しました。

・さくらねずみ2
資料が何も残っていない、初のDCモータを使ったマウスです。
高価なDCモータが買うのが嫌だけれど、DCモータに挑戦したい という事で作成しました。
特にコンセプトがなかったように思います。当然開発は空中分解し、機体も写真も残っていないという有り様です。

・BasicMice
BasicMouseという、初心者のデファクトスタンダードなマイクロマウス(設計資料)があります。
BasicMiceは、BasicMouseの設計の古い部分を改定した、Mice(当時所属していたサークル)のためのBasicMouseです。
22
コンセプトは、シンプルで堅牢でドキュメントがある事。
作成後、数代、後輩のためのサンプルとして使われました。
シリアル通信や、モータを回すなどの軽いプログラムのサンプルも作成しました。
作成過程をまとめたページや、回路図などのドキュメントも作成し、今でも使われているようです?

・さくらねずみ3
探索中に既知区間を斜め走行をしている海外勢がうらやましく、自分も実装してやろう というコンセプトのマイクロマウスです。
23
探索中に斜め走行をするために、ソフトウェアのアーキテクチャというような部分から真剣に設計を行いました。
が、使っていたマイコンのRAMや処理性能の制約で、探索中の斜め走行には難がありました。
ただ、良いアーキテクチャ設計ができたため、走行が綺麗に行き、大会で良い結果が出ました。

・さくらねずみ4
さくらねずみ3で、ターンの調整が面倒だったので、簡単に調整できるように作ったマイクロマウスです。
20
19
PC側のソフトウェアを充実させ、モニタリングやターンの微調整などを簡単に行う事ができました。
しかし、機体の設計がぜい弱で、ハードウェアの面で調整にやさしいマイクロマウスではありませんでした。

・さくらねずみ5
19
さくらねずみ3で探索中の斜め走行を達成できていなかったので、続きのために作成したマイクロマウスです。
3年かけて目標を達成しました。

私はこんな感じでやってきました。
コンセプトを決めてやると、達成できた時の喜びも格別です。
さくらねずみ5は、最短走行でそこそこ速く走りますが、
コンセプトが探索走行中の斜め走行なので、探索走行を見ている時が一番楽しかったりします。

今回は設計の初期段階、コンセプトの部分について、例を挙げながらご紹介しました。
次回は、今回解説しながら設計していくマイクロマウスのコンセプトの発表と、設計のとっかかりを記事にする予定です。

Xtion PRO LIVE
ちょろ丸
RT-ADK&RT-ADS

緊急速報!NAO H25の個人向け発売

【緊急速報】
NAO H25の個人向け発売のWEBニュースで問い合わせが殺到したため、急遽日本でも発売することになりました。

納期は受注後9週間(最速で納品は5月末から6月を予定)ですが、3月31日15:00までのお支払い手続き完了で消費税改定前のご購入も可能です。
内容詳細については下記のURLをご覧ください。

NAO購入のページ【緊急速報】<b
NAO H25の個人向け発売のWEBニュースで問い合わせが殺到したため、急遽日本でも発売することになりました。

納期は受注後9週間(最速で納品は5月末から6月を予定)ですが、3月31日15:00までのお支払い手続き完了で消費税改定前のご購入も可能です。

http://www.rt-shop.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=24&products_id=2387

春が来た!

皆様お久しぶりです サナエです。気がついたら啓蟄をすぎていたので這い出てきました。梅は咲いたか桜はまだかいな

20140318

そんな訳でディスコンのお話。
アールティの人気商品であるPi:Co Classicの後継機、Pi:Co Classic2がただ今開発中であるというのは以前ゆかさんもお知らせBlogに書いたさりげない秘密なのですが、なぜ2になるかと言うと実はPi:Coにもディスコンの波が押し寄せてきまして部品を違うものに変えようということになったわけです。

今回大きく変わったのはモータドライバ、センサ基板まわりです。今までもFETが変わっていたりしましたが同等品で何とかなってはいました。
ああ… どうして部品はなくなってしまうのか。愛(用)していたのに。
定番と言われるものがなくなるというのはとてもとても残念で、途方にくれるところであります。
素人考えでは需要があるのだからずっと続ければいいのにと思ったりもします…。

でもそれが色々見直すきっかけにもなりましたので、これはこれでいいのかもしれない。

そんなわけでただ今Pi:Co Classicがありません。次の出荷からは2になります。
商品の切り替えのタイミングですぐにご入り用のお客様にはご迷惑をおかけしておりますが、もうしばらくお待ち下さい。

2の発売は6月を予定しております。何とかそれよりも早くなるように鋭意努力中です。
発売が早くなることはあっても遅くなることはないとのことですのでお待ち下さい。

そしてディスコンつながりで在庫限りの商品はこちら。
早い者勝ちでございます!

Xtion PRO LIVE
ちょろ丸
RT-ADK&RT-ADS

スイッチサイエンス社様商品随時登録しております!SwitchScience

こんにちは♪
松崎です。

もともと結構大食いな方なのですが、
最近異常に食欲があり、美味しいものを食べるのが幸せです><!笑

写真 2014-03-10 20 07 38

写真 2014-03-12 19 51 40

このようにいろいろと堪能していますが、
いろんなところのラーメンを食べ歩きたいですw

さて、アールティのウェブショップですが、
スイッチサイエンス様の商品を取り扱っているのは皆様ご存じですよね!?

そんなスイッチサイエンス様の商品ですが、少しずつショップへの登録を増やしておりまして、
つい最近、大半の商品を登録することができました!!

スイッチサイエンス様は小さな商品を多く取り扱っていらっしゃいます。
小さなバッテリーなどご入用の際は一度検索をしてみてはいかがでしょうか?

Arduinoのスタートキットもございます♪

ご注文、お待ちいたしております^^

Arduinoをはじめようキット Arduino Uno R3 ロボタもよろしくね♪

SBRCB3BTの設定について

暖かったり寒かったり暴風雨だったりとめまぐるしく天候が変わる昨今いかがお過ごしでしょうか?
そんななか傘を無くしていることに気づいたSeijiです、泣ける。

Bluetoothドングルを使って簡単に無線化できることで好評なランニングエレクトロニクス製「SBDBT」シリーズ、ヒット商品です。
そのシリーズのなかでアールティ企画商品の「SBRCB3BT」、ボードをKHR等のバックパックに取り付けやすいサイズにしたもので、SBDBTなどより取り付けやすいのが特徴となっています。
2014-03-13 19.41.43_R
別売の専用ケーブルとBluetoothドングルをつけたSBRCB3BT

ただ、最近よくある質問で「配布されているPS3用ファームを入れたら動かなくなった」という問い合わせをよくいただくので設定等書いていきます。
現在ランニングエレクトロニクス社にて配布されているファームの最新版はVer.140113ですので、これを編集していきます。

2014年3月14日追記:現在出荷時にはPS3用ファームVer.140113のRCB-3用のものが書き込まれております

編集するのはglobal.hというファイルで、このあとビルドもするので開発環境にはMicrochip社より配布されているMPLABXを使用します。
基本的にRCB-3用に設定するにはglobal.hだけ触れば大丈夫です。
デフォルトから書き換える必要があるのは下記の赤文字のところです。
・UART_TX_POLARITY      1    (0→1へ変更)
・UART_MINIMUM_INTERVAL        0 (35→0へ変更)

この2行を書き換えることでRCB-3J、HVでゲームパッドから操縦できるようになります。
そして次はRCB-3側も設定を変更します。
PCと通電しているRCB-3をシリアルUSBアダプタ等で接続し、【設定】ボタン(スパナ)を押します。
そこにある【KRC1から制御する】という項目のチェックを外します(拡張子シリアルで通信を行うため)。
WS000012_R
これで設定は完了です。RCB-3の電源を切って「SBRCB3BT」をケーブルを使って拡張シリアルポートに接続します(外側に黒線)。

2014-03-13 20.16.15_R
ケーブルがすごいことに……

コントローラとペアリング済みのBluetoothドングルを挿して電源ON、起動したらコントローラのペアリングボタン(使うコントローラによってやり方が違うのでコントローラの説明書を参照してください)を押すことにより、ペアリングが完了します。

あ、もちろんモーションに無線操縦の割り当てがされていないと操縦できないのでご注意ください。
書き込み方法やRCB-4での使い方などは次回以降に紹介していきます。

普段ゲームで慣れ親しんだコントローラで操縦するロボットはなんかいつもよりよく動いてるように感じますよ?
ほかにも色々と使えそうなこのアイテム、是非お試しください お待ちしております。

ロボット用ゲームパッド通信ボード SBRCB3BT SBRCB3BT用ケーブル RCB-3HV ボードのみ

Currenterの開発進捗 その2

佐倉です。

Currenterの進捗報告その2になります。
Currenterは、LifeMotionSystemというシステムの一部です。

LifeMotionSystemは、1つのマスターが全てのスレーブに(指令を出す/情報を引き出す)事で成り立つシステムです。
そのマスターを、我々はLifeMotionCoreと呼んでおり、こちらも開発を進めている所です。

2014-03-13 19.38.39
LifeMotionCoreのプロトタイプ
(開発しているのはマザーボード部分のみ。ドーターボード部分は市販品になります。)

LifeMotionSystemの最初のうちの製品は研究用途ということで、危ない動きをする場面も想定されます。
そのため、非常停止スイッチをターミナルブロックに取り付けられるようになっています。