マイクロマウス迷路ベースについて


こんにちは、サナエです。仕事始めはとても暖かくて気持ちのいい天気だったのに寒の入りになった途端寒くて震えています。そもそも冬だから寒くて正解なのですが春が待ち遠しいです。

この時期から春、年度末にかけてちゃんと納品できるかどうかで毎年ひやひやする品物の筆頭に挙げられるのが

マイクロマウス迷路ベースです。

こちらは受注生産で手作りのため、どうしてもお時間がかかってしまう品物なのです。
クラシックの4×4や4×6、ハーフの4×4や9×9くらいのサイズでしたら在庫があることもありますが、最近は大きな迷路で調整をする方が多くなりメーカーから直送ということも増えています。
通常ですと1か月なのですが、年明けから年度末にかけては混みあうためいつもよりお時間がかかることが予想されます。1~1.5か月ほどの場合もございます。
年度末までに迷路ベースをとお考えの際には余裕をもってお申し付けください。

迷路と一緒に必要な柱と壁の数としましては

4×4の場合なら 柱25~30本、壁25~35枚
4×6の場合なら 柱35~40本、壁35~45枚

これくらいをご用意していただければ色々なパターンの迷路が組めるかと思います。
上級者になると壁をわざと少なくして難しい迷路を組むとのことですが、柱も折れたりすることがないとも限らないので余裕をみておくと安心ですね。

サイズごとの迷路関連をリンクいたしました。
クラシックサイズ迷路 ベース、柱、壁
ハーフサイズマイクロマウス迷路 ベース、柱、壁
柱と壁は現在在庫に余裕がございますので是非どうぞ!
今でしたらクラシックサイズ4×6、ハーフサイズ4×4が数枚在庫ございます。即納ですのでご検討ください。


カテゴリー: ブログ, マイクロマウス, 商品紹介